子どもが過ごす時間のカリキュラムを見ましょう。


英語環境、保育環境、教育環境をよく考えて。
英語環境、保育環境、教育環境をよく考えて。
プリスクール入園を希望するときには、まず、そのプリスクールのホームページを見てみましょう。一日のスケジュールが書いてあるはずです。幼児教育、保育に主点がありますか?

ちなみに私が取材したプリスクールの一日のスケジュールは綿密に立てられていたので参考までにこちらをご覧ください。
英語で保育!プリスクールの魅力
5歳でペラペラ。インターナショナルスクール訪問記

プリスクールは私立。認可されていない保育所の扱い


認可されていないとはいえ、保育を主に考えながら英語環境を与えている良いプリスクールはたくさんありますし、すてきな先生たちもいます。

どんなスケジュールなのか電話で尋ねると丁寧に教えてくれますよ。気になるプリスクールがあったら電話でいろいろなことを尋ねてみてもいいでしょう。英語ができなくても大丈夫です。たいていのプリスクールは日本語で応対してくれるので安心です。

働くママさんの場合、長く預かってくれるところもあります。延長保育という費用はかかりますが、7時ごろまで預かってもらえます。共働き夫婦には便利だと思います。

次のページでは気になる費用。いくらかかる?