丈夫な移動ポケットの作り方2

小学生に人気の移動ポケット、簡単で丈夫な作り方をご紹介します。
ステップ5
5.Bに図のサイズどおり、チョークペンシルで折り線を書きます。
小学生に人気の移動ポケット、簡単で丈夫な作り方をご紹介します。
ステップ6
6.Aの縫っていない辺の縫い代を中に折り込みます。
小学生に人気の移動ポケット、簡単で丈夫な作り方をご紹介します。
ステップ7
7.Bの折線(下)と、Aの折り込んだ辺を重ねて縫い合わせます。Aの中をすくって縫うと縫い目が目立ちません。
小学生に人気の移動ポケット、簡単で丈夫な作り方をご紹介します。
ステップ8
8.Bを図のように折り、赤線でAと縫い合わせます。このとき、1と2の端は1が上になるように2ミリ程度重ねます。
小学生に人気の移動ポケット、簡単で丈夫な作り方をご紹介します。
AとBをこのように重ねて縫い合わせます。
画像では分かりやすいよう、色の違う生地を使用しています。ここでも中をすくって縫うと縫い目が出ません。
小学生に人気の移動ポケット、簡単で丈夫な作り方をご紹介します。
ステップ9
9.Cに図の位置どおりにマジックテープを貼ってください。
小学生に人気の移動ポケット、簡単丈夫な作り方をご紹介します。
ステップ10
10.表側にし、下から10センチの位置にCを縫いつけます(青線部分)。安全ピンを通してマジックテープ同士をくっつけます。マジックテープは図のように2カ所付ついていますが、そのマジックテープ同士をくっつけると輪の状態になります。その輪に安全ピンが通った状態になります。
小学生に人気の移動ポケット、簡単で丈夫な作り方をご紹介します。
ステップ11
11.下辺からボタンの中心まで2cmの位置にボタンをつけます。ボタンを留める部分になるヘアゴムは7~8cmの長さに切り、糸は二本どりで玉結びにし、ヘアゴムに巻きつけます。縫い付ける位置は、ボタンの大きさとヘアゴムの長さによって違うので確認しながら決めてください。ボタンつけの要領で、糸を巻きつけた部分の両端を渡すように縫い付けます。このとき、糸が表面に出ないように。玉留めもヘアゴムにかくれるように留めればできあがりです。

本橋さんからコメント
洗濯するときは安全ピンをはずして、マジックテープ同士をくっつけて洗ってください。生地にもよりますが、2枚重ねなのである程度強度があり、洗ってもハリが保たれるので、見た目がきれいな状態で使えます。かわいいボタンを選ぶと、子どもも喜んで使ってくれますよ。子ども用タオルハンカチも楽に入る、使いやすい大きさなので活用してください。

裁縫が苦手な人でも、1時間あれば完成する「丈夫な移動ポケット」。ぜひ、作ってみてくださいね!

<次回記事予告>
次回は「人気ブランドにみる通販子ども服、春の流行最前線」です。
※内容更新日は変更になることもあります。

<関連リンク>
子ども服の作り方・型紙

編集部おすすめの購入サイト

楽天市場で子供服を見る

Amazonで子供服を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。