平均出産年齢は何歳なの?

平均出産年齢は何歳?

平均出産年齢は何歳?

平均出産年齢って一体どれくらいなのでしょう? 初産から第三子までの出産平均年齢や、都道府県別の年齢データなどをご紹介します。

■平均出産年齢・目次

初産の出産年齢の全国平均は30.7歳(2016年)

2016年の人口動態調査によると、第一子を出産する人の全国平均年齢は30.7歳とのこと。2011年から30代になっています。

初産平均年齢は1950年には24.4歳で以後ずっと上がり続けてきましたが、1960~80年代には、1歳上がるのに10~20年もかかっていました。

しかし2000年代に入ると5年で1歳上がってしまうハイピッチの時期が続きました。そして2014年以降は、また上がり方が緩やかになっています。

二人目の出産平均年齢は32.6歳で、三人目は33.6歳(2016年)

二人目出産、三人目出産の平均年齢はそれぞれ32.6歳、33.6歳です。初産に比べれば上昇速度はゆるやかですが、やはり上がっています。

父親の第一子誕生時の平均年齢は32.8歳(2016年)

父親の第1子誕生時の平均年齢は32.8歳でした。つまり、パパは2歳くらい年上、というご夫婦が多いようですね。二人目出産、三人目出産の父親平均年齢は、それぞれ34.5歳、35.5歳でした。

初産平均年齢が一番若いのが宮崎県で29.3歳、一番高いのが東京都で32.3歳(2016年)

都市部の初産平均年齢は高い傾向

都市部の初産平均年齢は高い傾向

都道府県別の初産平均年齢を見ると、東北、北関東、そして関西圏を除く西日本ではママが比較的若く、30歳前後で産み始める県が多いですね。特に九州・沖縄は若く、福岡県以外は20代となっています。

都道府県別の初産平均年齢で一番ママが若かったのは、宮崎県で29.3歳でした。これは一番年齢が高い東京都の32.3歳と比べると、ちょうど3歳の開きがあります。宮崎県に次いで若い県を順に見ていくと福島県29.4歳、山口県29.5歳、沖縄県29.6歳と続き、佐賀県、長崎県、大分県が29.7歳です。

高い年齢で産み始める人が増えると、子どもの数は減る?

初産の年齢が高くなるということは、高齢出産の人が増えて全体の数字を押し上げているということです。ここで一番心配なのは、不妊や高齢で産むことへの不安から子どもの数がますます減ることでしょう。初産が遅いと、二人目、三人目が産みにくい人も増えます。

東京都は平均出産年齢も、合計特殊出生率も共に全国最低です。逆に、平均出産年齢が若い県を見ていくと、九州などは合計特殊出生率がかなり高いところが集まっています。

ただ、東北には、若く産み始めていても合計特殊出生率がさほど高くないところがあります。子どもを産む率には、女性の産み時だけではない、いろいろな要素が関わっていることがわかります。

本当のところ何歳まで産める? 出産可能年齢の現実

35歳から「高齢初産」と呼ばれますが、実際には、卵子の力がストレートに反映される体外受精の実績によると、妊娠力が下がり始めるのは33歳からと言われます。さらにその後は、37~38歳から拍車かかるという調査データがあります。

女性の社会進出などにより妊娠・出産の高齢化が進んでいますが、 30代の中頃になり妊娠力が落ちてくると、子どもがほしくなり避妊をやめてもなかなか妊娠しないかもしれず、また妊娠チャンスもいつの間にか減っています。

子どもをほしくなる気持ちに年齢制限はありませんが、子どもをほしい人が、何となく出産を先送りするのは要注意です。できるだけ早いスタートを切りましょう。

フランスや北欧など育児負担が少ない国は、平均出産年齢が高くてもたくさん産んでいる

フランスや北欧など、出産や子育てへの社会的支援が手厚く、合計特殊出生率が高いことで知られる国々を見てみましょう。すると、やはり高齢妊娠は多いものの、出産年齢は日本より少し若くなっています。 フランスの出産全体の初産平均年齢は28.5歳(2015年推計値)。日本の30.7歳(2016年)より2.2歳下です。

しかし28.5歳という初産平均年齢が若いかというと、そう若いわけではなく、30代以降の出産はフランスでもかなり多いと考えられます。それでも同年のフランスの合計特殊出生率はどれくらいかというと、1.96(2015年予測値)もあり、 少子化社会ではありません。一方、日本の同じ年の値は、わずか1.45です。

女性もキャリアを確立していく時代には、平均出産年齢が上昇するのはある程度やむを得ないこと。今こそ、現代に合った支援策が大切なのです。そうすれば、女性の年齢が多少高くなってしまっても、この程度であれば、一生に産む子どもの数は何とか維持されるでしょう。

【出典】
・厚生労働省「人口動態調査」(2016年)
・Eurostat Press Office・newsrelease「Births and fertility Over 5 million babies born in the EU in 2015 Women first became mothers at almost 29 on average」(2017年3月8日)

cover

『卵子老化の真実』

【関連書籍】
『卵子老化の真実』(河合蘭著/文藝春秋/2013年)

出産年齢が上がると妊娠、育児には何が起きるでしょうか? 体験者や医師の声、データなどから詳しく伝えます。


 

【関連記事】
「卵子の老化」と不妊をめぐる3つの誤解

本当のところ何歳まで産めるの?


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。