3.冷房は最低限にすること

冷房の効き過ぎは女性の妊娠力・健康をおびやかすものの代表です。室温調節には気をつけましょう。また、あければいい風が入ってくる窓を家具や要らないモノでふさいでしまっていませんか。仕事などでやむを得ない場合は冷風の当たらない場所に席替えを頼むかカーディガン、膝掛け、靴下、スパッツなどで保温をはかりましょう。

4.家の中をきれいにしておくこと

bath.jpg
水回りは大事なポイント!
卵を抱くためには、まず巣作りですね。特に、キッチン、バスルーム、トイレなど水場がきれいなことは心身の健康に深くかかわるので重点ポイントとなります。

「私の家は末期症状でどうしたらいいかわかりません」という方には、「引っ越しをすると妊娠する人が多い」ということをお伝えしておきます。空気の汚れた所ではなく、できるだけ健康的な町に引っ越してくださいね。

5.居心地のいいベッドルームにすること

お気に入りのベッドあるいはおふとんで寝ていますか。ちょっと寝具がくたびれていたらベッドリネンを新調してみてはどうでしょう。

照明は眠りに入る前のひとときにふさわしいものになっていますか。ベッドテーブルのまわりを片づけてアロマテラピーの道具をすぐ取り出せるようにしてもいいですね。

おつきあいが長いカップルの中には寝室が別々という人も意外と多いのですが、せっかくパートナーがいるのですから、同じ部屋で眠りましょう。

illustration : 平井さくら

■関連ページ
そろそろ妊娠したい人の「身体」7つの鍵
そろそろ妊娠したい人の「心」5つの鍵
もしかして妊娠?!その時にすべき事

■関連記事集
不妊・妊娠したい
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。