1.パートナーとふたりで過ごす時間を大切にすること

「妊娠力」の中身は、というと、おもに「愛情」でできています。忙しい夫婦でも、ふたりで過ごす時間は量ではなく質です。

2.ストレスを軽減すること

kokoro.jpg
くよくよ、イライラは上手に手放していきましょう。
妊娠したいなら、ストレスを甘く見ないことです。仕事や人間関係などで強いストレスがかかった毎日を送っている人は、まずは、そこを脱しなければなりません。深い呼吸、アロマセラピーなどすぐに出来る方法で自分をストレスから解放する方法を覚える必要がある人もいるかもしれません。仕事のストレスが強い場合は、趣味など仕事と無関係の世界をもち、仕事が自分のすべてだとは思わないこと。

3.旅を楽しみましょう

昔から「水が変わると妊娠する」と言われています。週末の小さな旅でもいいので、パートナーと出かけましょう。日常から離れてリラックスし、パートナーと改まった気分になるにはいつもと違う場所に行くのが一番です。「子宝の湯」巡りもいいし、南の島のリゾート、神社や遺跡などのスピリチュアルスポットも霊験あらたかなようです。

>>4つ目の鍵は?>>