周辺観光地の周遊ルート上に位置するアウトレット

アウトレットに行く計画を立てるとき、一番気になるのが道路渋滞です。目的地近くのインター付近は、駐車場に入るための長い列ができ、近隣住民にとっても頭の痛い問題です。それは、アウトレットが大都市商圏の外縁で、かつ周辺観光地の周遊ルート上に立地される傾向にあるから。朝のオープン時間を目指しても、駐車場渋滞に巻き込まれることは、土日祝では珍しくありません。 

そこで狙い目なのが、金曜日の午後や日曜日の夕方です。平日狙いはもちろんですが、休みの日にからめるのでしたら、混雑する時間帯を避けるのが一番です。特に金曜日の午後は、土日の来客を見込んで、多数商品が入荷するとき。アウトレットは、夜8時くらいまでオープンしているのが通例です。近隣観光地での宿泊を兼ね、金曜夜のショッピングを楽しむのも一案です。

電車と無料シャトルバス、直行バス、バス旅・鉄道旅を利用する

アウトレット直行バスにはお得がいっぱい

アウトレット直行バスにはお得がいっぱい

道路渋滞を避けるうえでも、公共交通機関を利用するのがおすすめです。アウトレットの本場アメリカでは、多くのツーリストが長距離バスを利用してアウトレットで一日を過ごします。モーターショッピングが当たり前のように考えてしまいがちですが、公共の乗り物なら疲労感にあふれた帰り道も安心です。

まずはインターネットで、アウトレットまでのアクセスをチェックして、アウトレットの最寄駅から発着する無料シャトルバスの時間を確認。それにあわせて、切符を手配するとよいでしょう。また最寄駅がないエリアのアウトレットへ行く場合や人気のアウトレットには、都市圏から直行バス(有料)が運行されています。往復割引のほか、インターネットを通じて予約すればネット割引が適用されることも。アウトレット直行バスの場合、車内では場内マップやお得なクーポン券が配られるというメリットもあります。

もう一つおすすめなのが、旅行会社が催行するバス旅や鉄道旅です。これらは、アウトレットへの日帰り旅行を主催する旅行会社が、ひとつの商品として販売しています。観光バスや新幹線などと組み合わせたもので、団体割引が適用されるため、個人で手配するよりも安いケースがもっぱらです。バス旅行の場合、季節によっては味覚狩りやその他観光施設と組み合わせたコースもあり、ちょっとした日帰り旅を満喫することができます。