産後の性(1) 産後は3割がセックスレス

疲れて、そんな気になれない女性たち


セックスを再開していない主な理由は、次のようなものでした。

「育児、家事が大変で余裕がない」
「性欲がない」

また、一部の人は、会陰切開の傷が痛むのを怖れてセックスを避けていました。また、陣痛がつらかったので妊娠がこわくなり、セックスまで怖くなったという人もいました。

セックスレスの背景には、出産や育児で心身に重い負担を感じ、疲れている女性の姿があったのです。

再開した人も、心の中にはためらいが


灘さんの今回のアンケートでは、再開した人にも、否定的なコメントが見られました。

「家事や育児にばかり手がかかり、夫との時間が持てない」
「次の赤ちゃんが欲しいが、お産がこわい」
「帝王切開になったショックが大きく、また妊娠するのがこわい」
「セックスの時に、痛みがある」

避妊も不十分


こうした悩みを、相談する相手もなく、ひとりで抱えている女性はたくさんいそうです。産後は、健診も1ヶ月健診で終わってしまい、相談できそうな医療者と接触する機会も減ります。

セックスが再開しにくいという問題がある一方、不十分な避妊しかおこなわず、中絶という事態を迎えてしまう産後カップルもいます。灘さんは今回避妊手段についても聞きましたが、膣外射精で避妊しているカップルが、「コンドームを使うときもある」を入れると半数近くになりました。これは最も妊娠リスクの高い方法です。

産後しばらくは心も体も揺れる時期ですから、セックスが揺れるのも自然なことです。でもふたりの時間を楽しめるくらいのゆとりが持てること、自分の身体をいたわり、次の妊娠についてもちゃんと話し合えることは、育児中でも大切なことではないでしょうか。

この記事は島根県看護短期大学講師・灘久代さんの監修をいただきました。

■続きの記事を読む
産後の性(3) 産後のセックス Q&A その1



■関連記事集
産後のセックスレス
産後
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。