産後の性生活アンケート

産後の性生活についてアンケート調査をおこなった灘久代さん(助産師・島根県立看護短期大学講師)に、安心ですこやかな再スタートのために知っておきたいことをお聞きしました。

●出産直後は、セックス禁止ですよね?お産でできたからだの中の傷は、どれくらいで治りますか?

出産後、3~4週間後には、赤ちゃんの通り道であった産道や膣・会陰の損傷は全治し、子宮も元の大きさに戻ります。ですから、再開の時期は産後の1か月検診以後が安心でしょう。

帝王切開の場合、産道は傷ついてはいないのですが、子宮は傷ついているし、開腹手術はやはり大きな負担になっています。普通分娩と同じように、産後1か月検診以後がよいでしょう。

●会陰切開のあとが痛みます。受診した方がいいのかしら?

会陰切開をされた人も、出産後3~4週間も経つと会陰も十分回復しています。抜糸する必要がない「溶ける糸」は、ほぼ1週間で自然に吸収され、1か月検診の頃には完全に吸収されています。

したがって、通常なら、切開後の痛みが検診まで持続していることはありません。痛みが続く場合は、恥ずかしがらず受診して、何処が、どのように痛いのか、具体的に話をするとよいでしょう。

●母乳で育てていても、通常と同じようにセックスできるのですか?

母乳を飲ませているときは、セックスの最中に母乳の分泌を見ることがあります。それが気になる場合は、乳帯やブラジャーをしてのセックスになるかも知れませんね。

でも乳房への性的な刺激が、乳房トラブルにつながるようなことはありません。年配の助産師さんの中には、扁平乳頭や陥没した乳頭で赤ちゃんの吸い付きが悪いと、「お父さんに協力してもらいなさい」と言う人もいるくらいです。

この記事は島根県看護短期大学講師・灘久代さんの監修をいただきました。

■続きの記事を読む
産後の性(4) 産後のセックス Q&A その2
 

■関連記事集
産後のセックスレス
産後
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。