台湾で交通費はどれくらいかかる?

台湾で一番物価が安いと感じるのが交通費

台湾で一番物価が安いと感じるのがバス、タクシー代などの交通費

台湾に滞在して安いと感じるのが交通費。しかし安いからといってやたらとタクシーに乗ると、積もり積もって結構な出費に……。台北や高雄ならばMRT、KRTと呼ばれる地下鉄を上手に活用したいものです。

台湾の鉄道、高鐡(新幹線)、地下鉄(MRT)

台湾鉄路と呼ばれる鉄道は、台北から隣駅の板橋までは18台湾元(約50円)、台北—高雄間を一番早い特急自強號に乗れば4時間半乗車で845台湾元(約2,366円)です。

詳しくは>>>台湾鐡路サイト(中国語)

台湾高速鉄路と呼ばれる台湾新幹線は、台北から隣駅の板橋までは40台湾元(約112円)、台北—左営間(高雄の近く)は1,490台湾元(約4,170円)です。

詳しくは>>>台湾高速鐡路サイト(日本語)

台北のMRT(地下鉄)は、初乗りが20台湾元(約56円)ですが、悠遊カーと呼ばれるICカードを利用すると20%オフになります。

詳しくは>>>台北の地下鉄(MRT)

台湾のバス

バスは初乗り運賃が15台湾元(約40円~)ですが、悠遊カーを使ってMRT(地下鉄)から乗り継ぐと、8台湾元(約23円)で乗車できます。桃園空港から台北市内までのリムジンバスは会社によって運賃が異なりますが、130台湾元前後(約365円)です。

詳しくは>>>台北のバス

台湾のタクシー

タクシー料金は台北市で初乗り70台湾元(約200円~)と、日本と比べかなり割安ですが、道が混むと200台湾元(約560円)くらいになってしまいます。毎日4回くらい乗っただけでも旅行全体となるとタクシー代だけで5,000円くらいになりますから、他の交通手段も上手く組み合わせていくといいでしょう。

詳しくは>>>台北のタクシー

※1台湾元=2.8円で計算しています。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。