テーブルは、暮らし方を表現する

■玄関・通路

コンソールテーブルundefined/undefinedD:カンディハウス

コンソールテーブル      D:カンディハウス

コンソールテーブル








・用途 
本来は前脚2脚で壁面に添えて使用するテーブルのこと。補助テーブルでサービスの為にモノをのせたり飾ったり、お部屋のポイントになるテーブルです。

・サイズ 
W750×D300程度からW1200×D450程度まで各種あります。Hは、750~900程度。ピアテーブルとも呼ばれます。


■書斎
トレッスルundefined/undefinedD:マーテン・ヴァン・セーヴェレンundefined1999年

トレッスル / D:マーテン・ヴァン・セーヴェレン 1999年

デスク









・用途 
仕事や作業をする台のこと。一般的には抽き出しのついたものをデスクと呼びますが、サイドワゴンを用いて抽き出しのないタイプもあります。

・サイズ 
W750×D450程度からW2100×D800程度まで各種あります。Hは、680~730程度。


■子供部屋
チェークボードテーブルundefined/undefinedD:エリック・ファイフアーundefined2001年

チェークボードテーブル / D:エリック・ファイフアー 2001年

キッズテーブル









・用途 
一般的には学童机(子供用デスク)を使用します。写真のように天板が黒板になってお絵描きや文字書きなど楽しく使用する子供用テーブルもあります。

・サイズ 
W600×D500程度からW750×D750程度まで各種あります。Hは、450~550程度。


■和室
座卓undefinedZATAKUundefined/undefinedD:乾undefined三郎undefined1959年

座卓 ZATAKU / D:乾 三郎 1959年

座卓









・用途 
和室で用いる床座式のテーブル。折畳式のモノから一人用、8~10人用のものまであります。

・サイズ 
W450×D300程度からW2100×D900程度まで各種あります。角・矩形・円形等があり、Hは、330程度が目安です。



今回ご紹介した代表的なテーブル以外に、サービステーブル、ライティングテーブル、フラワーテーブル、ナイトテーブル、ドレッシングテーブル、ワゴンテーブル、クッキングテーブル、カードテーブル、ガーデンテーブルなど様々なテーブルがあります。

テーブルはその用途に応じてサイズ、形、材質、機能が変わってきます。それは、人がどのような行動をするかという「人の行為」の数だけテーブルの種類があるといっても過言ではありません。

日常の生活の場、仕事の場、公の場など様々なシーンで、各種類のテーブルが使用されますが、特に「住まい」では、それぞれの空間やお部屋で「どのような暮らし方、過ごし方をするのか?」を決めて、テーブルの選択をすることが望ましいでしょう。


……………………………………………………………………………………………………
参考文献: 家具の辞典/朝倉書店    Tabie Design /六ヨウ社


●椅子やファニチャーデザインのコラムを!・・・『ファニマガ』を お楽しみ下さい。
★ガイドのエピソードが満載のインタビューはこちらから!

☆掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。

Copyright(c) 2010  イシカワデザイン事務所 (ISHIKAWA DESIGN OFFICE) All rights reserved





 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。