ドレスラインに久しぶりのニュートレンド!

普段の自分と違うお姫様スタイルを実現しやすいのもありますが、デコルテを思いっきり出してウエストを絞ることにより、体型がすっきり見える効果も追い風となり、ビスチェ率が非常に高くなっていたここ10年。ところが最近、至るショップで目にするエンパイアドレスが着実に人気を集めているようです。しかも20代の若い層だけではなく、大人花嫁からも選ばれているエンパイアドレスの魅力をご紹介しましょう。
 

エンパイアドレス旋風のわけ

エンパイアドレス

ウェストのラインがでないシルエットなので、二の腕や肩のラインいよっては太って見える可能性も。

●胸下の切り替えで脚長効果バツグン
エンパイアラインの特徴でもある、胸の下で切り替えることにより、全体のバランスがよく見えます。脚は長く、頭は小さく、日本人の体型には最も嬉しいデザイン。モデル体型がいとも簡単に手に入ってしまうかもしれません。

●気になるボディラインを優雅に隠す
ウエストや下半身など、気になるラインをとことん隠してくれます。特に、年齢にともなう女性らしいふくよかなボディラインを優雅なフィーリングで魅せるにはもってこいのシルエットです。

●優しく愛らしい印象を与える
ジョーゼットやシルクオーガンジーなど繊細な素材を使用し、歩く姿も軽やか。ギリシャ神話に登場するような神秘的で柔らかい印象を与えてくれます。華美過ぎないのが、「花嫁だけ贅沢している」と思わせない、このご時世に合った好印象ドレスかもしれません。

●旬のデザインが豊富で小物も合わせやすい
シルエット自体が旬なのもあり、装飾がないシンプルなものでも十分お洒落。胸元にビジューやお花でデコレートしているものや、スカート部分がティアードになっているものなどスイート系からスパイシー系まで種類も豊富に出ています。また、ドレスが主張し過ぎないので、小物が合わせやすいのも特徴。ボリュームのあるストールや個性的な帽子など遊び心を取り入れたコーディネートをしてみると、ほかの花嫁に差をつけられると思いますよ。

コーディネートで華やかに

エンパイアドレスのコーディネート

ドレスとアクセサリーのバランスだけではなく、会場や来場者のイメージなど全体の印象を見て、アクセサリーのバランスを考えましょう。

エンパイアドレスはプリンセスラインやAラインと違ってコンパクトなだけに、主張し過ぎない=寂しい、とならないように注意。ノーアクセで大人っぽくも素敵ですが、主役なのに寂しいのはもったいない。

シンプルに着こなしたい場合は、胸元に華やかな装飾のあるドレスを選びましょう。逆にシンプルなドレスの場合は、花冠やレイ、ボリュームのあるアクセサリーなどを合わせ、トータルで華のあるスタイルにまとめるのがポイントです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。