古代歴史地区など見どころ満載! ベネチア広場

ローマのほぼ中央に位置するベネチア広場。この裏手には、古代ローマ歴史地区が広がっています。2000年の時を今や昔と伝える貴重な遺跡の数々。ダイナミックなローマを味わえるエリアです。

ベネチア広場・古代歴史地区の観光ポイント

2000年の時を刻む永遠の都ローマの歴史はこのエリアから始まった!

2000年の時を刻む永遠の都ローマの歴史はこのエリアから始まった!

古代ローマ帝国の政治・経済・生活の中心となっていたフォロ・ロマーノ、コロッセオ、チルコ・マッシモ、カラカラ浴場など、古代ローマの遺跡巡りがこのエリアのポイントとなります。じっくり見て回るなら、歩きやすい靴をお忘れなく!

また、「すべての道はローマに続く」で知られるローマ旧街道のひとつアッピア旧街道へは、アルケオブスが便利(観光スポット11)。

観光スポット1 ベネチア広場

ローマのほぼ中央に位置する広大な広場。正面にヴィットリオ・エマヌエーレ二世記念堂の荘厳な姿を望み、右手には、ムッソリーニが演説をしたバルコニーが残るヴェネツィア宮殿があります。

交通の要所でもあり、コルソ通り、ナツィオナーレ通り、歴史地区へ続くフォーリ・インエペラトーリ通りなどが集まっています。

観光スポット2 ヴィットリオ・エマヌエーレ二世記念堂

ベネチア広場の正面にそびえる白亜の殿堂

ベネチア広場の正面にそびえる白亜の殿堂

イタリア統一の立役者であるヴィットリオ・エマヌエーレ二世を称え建てられた記念堂。ブロンズ製のヴィットリオ・エマヌエーレ二世の騎馬像が置かれた正面には、第一次世界大戦で亡くなった戦士たちの慰霊碑があり、常時衛兵によって守られています。

最上階まで登ることができ、ココからのローマの眺めは爽快です。体力と時間のある方にはオススメ。

<DATA>
■Vittoriano(ヴィットリオ・エマヌエーレ二世記念堂)
住所:Piazza Venezia
TEL:06-6991718
開:9:30~17:30(冬季~16:30)
※開館、休館はイベントなどにより不定期に変更があるので、訪れる前に確認を
定休日:祝日
料金:無料

 

観光スポット3 カンピドーリオ広場

ミケランジェロ設計の美しい広場

ミケランジェロ設計の美しい広場

古代ローマ時代、神殿が置かれ信仰の場所となっていたカピトリーノの丘の上にある広場。ミケランジェロ設計の幾何学模様の大理石の床が印象的。広場に面して、ローマ市庁舎とカピトリーニ美術館が並んでいます。

市庁舎の両脇からは、フォロ・ロマーノ、コロッセオを一望するパノラマ。ヴィットリオ・エマヌエーレ二世記念堂を正面に見ながら、右裏手方向。大理石像が佇む階段を上がった上にあります。

 

観光スポット4 カピトリーニ美術館 

古代ローマの史跡から重要な美術品を集めた貴重な美術館

古代ローマの史跡から重要な美術品を集めた貴重な美術館

カンピドーリオ広場に面して、新宮・コンセルヴァトーリ宮の二つからなる美術館。1471年に法王シスト4世がローマ市民に送ったブロンズ像(「とげを抜く少年」「カミッラ」など現存)を元にしており、一般公開された世界最古の博物館として知られています。

ローマの遺跡フォロ・ロマーノの上部にあり、遺跡資料も豊富。ティッツィアーノ、カラバッジョなどイタリアで活躍した有名画家の絵画はもちろんですが、ローマ時代に興味のある人であれば、存分に楽しむことができるオススメの美術館です。

<DATA>
Musei Capitolini(カピトリーニ美術館)
住所:Piazza del Campidoglio,1
TEL:06-060608
料金:11ユーロ
開館時間:火~日曜 9:00~20:00(入館は19:00まで)、12月24・31日のみ ~14:00(入館は13:00まで)
定休日:毎週月曜、1月1日、5月1日、12月25日
アクセス:ベネチア広場より徒歩0分