ウィークエンドパスで温泉三昧の週末旅行!

JR東日本の「ウィークエンドパス」は関東から南東北のJR東日本線と一部私鉄が、週末の2日間乗り放題になる切符です。このきっぷを上手に使った、温泉三昧旅のプランを紹介します。

乗り放題ですから、極力遠くに行きたいと思うのが人情。温泉好きであれば、フリー区間北端に近い鳴子温泉郷を中心に考えたいもの。乗り降り自由なので、周辺の温泉にも立ち寄れます。幸い、鳴子温泉郷の湯めぐりチケット(回数券)は、陸羽東線の山形側にある最上温泉郷と共通なので、そこまで行こうと考えました。

もう一つの考慮点は、電車旅のメリットを最大限に生かすこと。それには高速道路が渋滞している朝晩に指定席を取って、楽に行って帰ってくることだと私は思います。旅先での時間を捻出する為に、行きは早起きして出発したとしても、日曜の帰りが遅くなって翌週の仕事に差し支えては困ります。渋滞の中を帰ってくるマイカー旅行と比較して、電車の旅はこんなにも楽なのかと実感する、そうした余裕のある旅が、電車旅には相応しいと思うのです。

それでは早速出かけましょう!

旅程

■1日目
東京駅7:04発→(東北新幹線(※))→古川駅9:16着、9:23発→(陸羽東線)→赤倉温泉駅10:28着
・湯守の宿 三之亟入浴で日帰り入浴

赤倉温泉駅13:38発→(陸羽東線)→鳴子温泉駅13:57着
・鳴子温泉駅の足湯、無料休憩所「好日館」
・日帰り入浴やスイーツめぐり
・鳴子温泉ホテル 宿泊

■2日目
・共同浴場滝の湯で入浴
鳴子温泉駅10:08発→(陸羽東線)→中山平温泉駅10:15着
・鳴子温泉の自然を見物
・琢秀(正しくは、王ヘンに秀)の「うなぎ湯」で日帰り入浴

中山平温泉駅13:51発→(陸羽東線)→鳴子温泉駅13:57着(乗り継ぎ)
鳴子温泉駅14:03発→(陸羽東線)→鳴子御殿湯駅14:06着
・高友旅館で日帰り入浴

鳴子御殿湯駅15:40発→(陸羽東線)→古川駅16:27着、17:06発→(東北新幹線(※))→東京駅19:24着

旅レポート1日目:最上温泉郷赤倉温泉の名湯

岩盤そのままの湯船から源泉が噴出する三之亟の大浴場

岩盤そのままの湯船から源泉が噴出する三之亟の大浴場

遠い温泉に最初に行くと、残りは近いので時間的にも精神的にも旅に余裕が出ます。よって今回の宿泊は鳴子温泉ですが、山形側の最上温泉郷にある赤倉温泉に真っ先に行きます。駅から遠いのですが、日頃の運動不足解消に歩くのも良いものです。

赤倉温泉には天然岩風呂が自慢の宿が数軒ありますが、三之亟はその代表格。湯船に地層のような模様が付いており、圧倒的な風格です。温泉は自然に湧いているので、雪解けの季節などは大湯量で熱い場合もありますが、それでこそ天然温泉と実感できるのです。

湯守の宿 三之亟
住所:山形県最上郡最上町大字富沢884
TEL:0233-45-2301
料金:日帰り入浴500円(10:00~16:00)、湯めぐりチケットは2枚


早めにチェックインしてお宿を満喫! 鳴子ホテル

美しい客室が嬉しい鳴子ホテル

美しい客室が嬉しい鳴子ホテル

今回の宿泊は鳴子温泉の鳴子ホテルです。私は宿に泊まる時、チェックイン可能時間の最初から、チェックアウト時間まで、フルに滞在を楽しむようにしています。もちろん、九州や北海道など滅多に来られない遠隔地では、観光や温泉巡りを優先して宿に遅くチェックインする場合もありますが、鳴子には何度も来ているので、宿の堪能を優先します。

土曜日の朝、あまり早起きせずに、東京をゆっくりと出発すれば、もうチェックイン可能な時間。しかし、早起きして出発したなら、チェックインまで時間の余裕があります。鳴子温泉駅には座って休めるスペースがありますし、足湯も併設されているので、無料でのんびり過ごす事も出来ます。駅から近い、無料の休憩スペース「好日館」もおすすめです。

行動的な方には温泉めぐりやスイーツめぐりがおすすめ。温泉では、来年の4月に日帰り入浴を止めてしまう、ゆさや旅館(14時からの一時間限定で500円、湯めぐりチケットは2枚)が、すべすべの湯で素晴らしいのです。他には駅から少し遠いのですが、ホテル亀屋(12:30~15:00、600円、湯めぐりチケットは3枚)は、温泉好きがアブラ臭と呼ぶ湯の香りが素晴らしい名湯です。スイーツは、カーベホリエ(宮城県大崎市鳴子温泉新屋敷63-1、TEL:0229-83-2889)の「木の実チーズケーキ」と、玉子屋本店(宮城県大崎市鳴子温泉字湯元102-1、TEL:0229-83-3021)の「わらび餅」がおすすめ。ただし、スイーツは食べ過ぎると、宿の夕食が食べられませんので、ほどほどにしましょう。
ボリューム満点!鳴子ホテルの夕食

ボリューム満点! 鳴子ホテルの夕食

鳴子ホテルは温泉街中心部の宿。青葉館と上級の紅葉館がありますが、青葉館で近年リニューアルした客室を指定して予約するのがおすすめです。夕食はバイキングから各種会席がありますので、お好みで。朝食はバイキングですが、充実した内容に納得できます。朝食は混雑するので、共同浴場滝の湯に7:30の開始と同時に浸かってから、朝食会場に行くのがおすすめです。

鳴子ホテルの温泉は自家源泉。湯の色が緑透明から乳白色まで変化する不思議な硫黄泉。温泉好きも納得の名湯なのです。

鳴子ホテル
住所:宮城県大崎市鳴子温泉字湯元36
TEL:0229-83-2001
料金:1泊2食付き1万3125円(休前日、2名1室の時の1人料金)~
日帰り入浴1000円(11:00~14:00)、湯めぐりチケットは4枚

旅レポート2日目はこちら>>