桜の紅茶パウンドケーキ

所要時間:60分

カテゴリー:ケーキパウンドケーキ

 

桜の紅茶パウンドケーキのレシピ

桜の葉や花びらが入った、季節感たっぷりの桜の紅茶を、パウンドケーキに加えました。桜の塩漬けをトッピングにすれば、さらに春らしさが増します。ケーキは製菓用マーガリンを使用し、ヨーグルトを加えて、口当たりの軽いしっとりした食感に焼き上げました。

桜の紅茶パウンドケーキの材料(ローフ型1個分

桜の紅茶パウンドケーキの材料
薄力粉 120g
ベーキングパウダー 小さじ1/2
重曹 小さじ1/4(ベーキングソーダ)
グラニュー糖 120g
マーガリン 120g(製菓用)
2個
バニラエッセンス 適量
ヨーグルト 大さじ1と1/2
紅茶 2個(桜の紅茶ティーバッグ)
八重桜 5~6個(桜の塩漬け)

桜の紅茶パウンドケーキの作り方・手順

桜の紅茶パウンドケーキの作り方

1:

粉類はすべて一緒にまとめて2回ふるいます。卵は室温におき、よく溶きます。マーガリンも室温に置き、柔らかくしておきます。ローフ型にワックスペーパーを敷きます。桜の塩漬けの塩を洗い流し、水につけて塩抜きしておきます。オーブンは、180度に設定してあらかじめ温めておきます。

2:

大きなボールにマーガリンを入れ、ふんわりするまで泡立て器で混ぜます。その後グラニュー糖を加えて、さらにふんわりするまで混ぜます。

3:

2に、溶き卵を3~4回に分けて加え、その都度泡立て器で分離しないようによく混ぜます。

4:

ゴムべらに持ちかえ、紅茶葉とバニラオイルを加えて全体を混ぜます。次にふるっておいた粉類とヨーグルトを加え、粉っぽさがなくなるまで、全体を底から返しながら切るようにして混ぜます。

5:

用意しておいたローフ型に、出来上がった生地を流し込みます。表面に水気をよくしぼった桜を塩漬けを並べます。170度に温めておいたオーブンで、40~50分焼きます。焼き上がったら金網にあげて冷まします。

ガイドのワンポイントアドバイス

卵を混ぜる時は、分離しないようにその都度よく混ぜます。表面に焼き色がついてきたら、アルミホイルなどをかぶせておくとよいでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。