アプガースコアは、出生直後の赤ちゃんの元気度の指標

アプガースコア

この赤ちゃんのアプガースコアは8点

アプガースコアとは、生後1分後と5分後に赤ちゃんの元気度を判定するもので、主に新生児仮死の指標とされます。それぞれの診る箇所の頭文字をとってAPGAR SCOREです。トータル10点満点ですが、10点満点でなくても大丈夫。8~9点の赤ちゃんが多いです。
 

アプガースコアは、皮膚色、心拍数、反応、筋緊張、呼吸の5項目

アプガースコアは、皮膚色、心拍数、反応、筋緊張、呼吸の5項目でみます。

A Appearance:皮膚色
2点……全身ピンク
1点……体幹はピンク、四肢(手足先)にチアノーゼ(紫色がかっている)
0点……全身蒼白またはチアノーゼ

P Pulse:心拍数
2点……100以上
1点……100以下
0点……0

G Grimace:刺激への反応
2点……泣く
1点……顔をしかめる
0点……反応せず

A Activity:筋緊張
2点……四肢を活発に動かす
1点……四肢をややまげる
0点……だらりとしている

R Respiration:呼吸
2点……活発(強く泣く)
1点……困難(弱弱しく泣く)
0点……なし

7~10点が正常、4~6点が軽度仮死(第1度仮死)、0~3点が 重度仮死(第2度仮死)となります。

仮死と判定されても、蘇生をして5分後に点数が上がる赤ちゃんがほとんどです。 母子手帳の出産の記録の部分に書く病院もありますが、最近では書かない病院も増えてきています。


【関連記事】
新生児のお世話の仕方コツ
新生児のいきみ・うなりの原因と対処法
赤ちゃんの嘔吐・吐き戻しの原因と対処法
乳児湿疹・脂漏性湿疹・あせもの原因とケア

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※乳幼児の発育には個人差があります。記事内容は全ての乳幼児への有効性を保証するものではありません。気になる徴候が見られる場合は、自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。