離乳食とは?  

離乳食とは文字通り、生まれてから母乳やミルクで育ってきた赤ちゃんが、母乳やミルク以外のものを飲んだり、噛んだりする練習のための食事のこと、また、幼児食までの移行期間を示します。

離乳食は、すべてが練習ですので、うまくいかないのが当たり前です。 お母さんも赤ちゃんもゆったりとした気分で、楽しみながら焦らず少しずつ練習していきましょう。
 

いつ頃から開始?

赤ちゃんの機嫌のいい時に1さじから

赤ちゃんの機嫌のいい時に1さじから

親が食べているのを見て、口を動かすなど食べたそうにしていたら、それは離乳食開始の合図の1つ 。もうそろそろ離乳食の開始を考えてもいいでしょう。
月齢が5~6か月になって、発育が良好で健康状態に特に大きな問題がなければ、赤ちゃんの機嫌が良い時に始めましょう。

以下のように、順調に発達しているサインが見られたら、開始すると良いでしょう。

  • 首のすわりがしっかりしている
  • 支えると座れる
  • 食べ物に興味を見せる
  • スプーンなどを口に入れても舌で押し出すことが少なくなる

必要なのは余裕

離乳食を始める日はあらかじめ日程を決めるより、赤ちゃんとお母さんの調子の良い時にはじめるのがいいでしょう。また、一度離乳食を開始したからといって、翌日も必ずあげなくてはいけないというわけではありません。嫌がっているようなら、無理強いせず様子をみてもいいですし、調子が悪い時は離乳食はお休みして母乳やミルクだけでもかまいません。1ヶ月くらいは様子見だと思って、少しずつあせらずはじめましょう。必要なのは、体力の余裕と、気持ちの余裕です。



【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で離乳食を見る

Amazonで離乳食を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。