覚えておくと便利なレイヤーの種類

レイヤーにもいろいろな種類があります。画像編集ソフトによって種類や呼び名も異なりますが、基本的には写真、文字、図形などに分類されています。そのほかにも、色や明るさなど見栄えを調整するレイヤーもあります。

Adobe Photoshop Elementsのレイヤー構成例

Adobe Photoshop Elementsのレイヤー構成例


■ラスターレイヤー
写真が貼り付けられているレイヤーは「ラスターレイヤー」です。「ラスター」とは「ビットマップ」とも呼ばれ、色や明るさの情報を点(ピクセル、ドット) ごとに持ち、この点を並べて画像を表現する方法です。「背景」レイヤーもこれに含まれ、多彩な写真や絵の表現に適しています。ただしレイヤーを拡大すると、点ごと拡大されるため、画像が粗くなってしまいます。

■ベクターレイヤー
これに対して、テキスト、図形などを描画するレイヤーは「ベクターレイヤー」です。「ベクトル」とも呼ばれ、線や形を数式により表現する方法で、拡大、縮小を繰り返しても輪郭がなめらかに表示できることから、色数が少ない幾何学的な図形の表現に適しています。Adobe Photoshop Elementsの「シェイプ」もベクターレイヤーに含まれます。

■そのほかのレイヤー
ほかにも、レイヤーを色で塗りつぶしたり、明るさ、鮮やかさなどの見栄えを変化させたりするための「調整レイヤー」というものもあります。さらに高度な編集ができるソフトになると、レイヤーの一部分を透明にする「マスクレイヤー」が使えるものもあります。


レイヤーの種類は意識しなければいけないの?

貼り付けや文字、図形を描いたときに自動的にレイヤーの種類が決まるので、通常はレイヤーの種類を意識しなくてもかまいませんが、意識するとすれば次のようなシーンがあります。

ペイントツールで絵を描きたいとき
あらかじめラスターレイヤーを作成します。

切り取った画像を貼り付けたとき
切り取った画像を貼り付けたときに「フローティング」と呼ばれる、仮に貼り付けられた状態のレイヤーが一時的に作成されるものもあります。その場合は「確定」ボタンや「レイヤーを追加」といった機能を選び、ラスターレイヤーとして確定させるか、もしくはほかの作業をすると自動的にレイヤーとして確定されます。

文字や図形のレイヤーにフィルターをかけるとき
ベクターレイヤーにフィルターをかけときには、「ラスタライズ」という、ラスターレイヤー化する操作が必要になります。ただしラスタライズしたレイヤーはベクターレイヤーに変換することはできないという点は意識しておいてください。




■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/8/1~2021/8/31まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。