ご家庭のプリンタなどで印刷したL判写真を、その場で誰かに手渡したいとき、写真を裸のまま、というのでは気が引けます。
また、既成の封筒やビニール袋に入れるのではなんとも味気ないし…、という方にもおすすめなのが、A4用紙に写真を大きく印刷してささっと折って封筒にする方法です。

L判を添えるのにはうってつけサイズのオリジナル封筒が、のりづけ無しで簡単にできあがります。是非お試しください。

この記事の内容はWindows XPの環境で作成・検証したものです。
刃物を使って工作しますので、安全には十分注意して行ってください。

写真を使った折り紙封筒を作ろう
もくじ

  1. 材料を用意します
  2. ペイントで印刷をします
  3. 封筒を折ります
  4. L判サイズの写真を挿入します
  5. 手軽な封筒としても活用


材料を用意します

今回作る封筒に使う材料は下記のものと、Windows XP標準の「ペイント」を使って印刷します。

  • A4コピー用紙
    • 良くある普通紙で構いません。薄手の用紙が適しています。
  • L判の写真
    • 包んで贈りたい写真など、封筒の中に添える写真を用意します。
  • はさみ・鉛筆
    • 鉛筆は薄く印を付ける際に使います。
  • 封筒用の画像
    • ここでは。一般的なデジカメ写真の、横と高さの比率が4:3のサイズの画像を使います。3:2の画像は、できあがりの裏縁に余白が少しできますが、同様の手順で作ることができます。

もくじに戻る

ペイントで印刷をします

写真を印刷する準備をします。

ペイントを起動して、封筒用に印刷する写真画像を開きます。画像のサイズは大きいに超したことはありませんが、ここでは普通紙に気軽に印刷しますので、2048×1536ピクセルのサイズがあれば十分です。

横と高さが4:3の比率の写真です。

ペイントの[ファイル]メニュー→[開く]で画像を開きます。

写真が大きすぎると、モニタに全体を表示できませんが、そのまま印刷に進めても大丈夫です。

印刷の設定を行います。

  1. [ファイル]メニュー→[ページ設定]を選びます。
  2. [用紙]の[サイズ]を「A4」にします。
  3. [印刷の向き]は「横」を選択します(縦向きの写真の場合は「縦」を選びます)。
  4. [余白]はすべて「0」を入力します。
  5. [拡大縮小]は[適合]を選択して「1」×「1」ページに設定します。
  6. プリンタに「フチなし印刷」設定が可能な場合は、[プリンタの設定]をクリックして、使用可能なプリンタのユーティリティ画面で設定を行います。
  7. [OK]をクリックします。

[ファイル]メニュー→[印刷]を選び、[印刷]をクリックして印刷を実行します。

用紙に印刷をしたところです。

もくじに戻る

次は、用紙を折り紙のように折って封筒を作ります。次のページへ>>