ゴールデンスリープ実現の鍵は、赤ちゃんがぐっすり眠れるような環境づくりと、早い時期からの習慣づけ

ぐっすり
赤ちゃん夜ぐっすり!の妨げになる行為、してない……?!
前回の記事、「赤ちゃん夜ぐっすり!の秘訣8か条」では、ゴールデンスリープ(赤ちゃんが夜中に邪魔されずにぐっすり眠ること)実現の秘訣8か条を紹介しましたが、今回はその対比として、控えたほうが良いこと4か条を紹介します。

パンパース赤ちゃん研究所が提案する『ゴールデンスリープ 実現の秘訣』を監修した和洋女子大学教授・医学博士の鈴木みゆき先生によれば、「大切なのは、赤ちゃんが夜邪魔されずにぐっすり眠れるような環境づくりをしてあげることです。現代の日本は夜遅くまで明るくにぎやかで、眠りにくい環境にあります。だから赤ちゃんが夜ぐっすり眠れるようにご家庭で意識してあげることが特に必要」といいます。

夜ぐっすりの習慣づけは、月例4ヶ月頃がチャンス

毎日決まった時間に赤ちゃんをベッド・ふとんにつれていって寝かしつけたり、夜寝る前におっぱい(ミルク)をたっぷりと与えたりと、周囲が意識的に環境づくりについては前回の記事でまとめましたが、早い時期からの習慣づけとして、鈴木先生は月例4ヶ月頃がチャンスといいます。
「この時期になると、それまで寝たり起きたりしていたものが、まとまった時間眠れるようになってきます。また、成長ホルモンが夜に集中して分泌されるようになります。赤ちゃんのうちから夜中にぐっすり眠る『ゴールデンスリープ』を身につけてあげられれば、赤ちゃんの健やかな成長にプラスですし、またお母さんの子育ても楽になります。もちろん4ヶ月を過ぎたからといって遅すぎることはありません。気付いたときから始めましょう」。

なるほど、こういった習慣づけによって子育てが楽になることもある「ゴールデンスリープ」、ぜひ実践していきたいところ。ところで、こういった環境づくり、習慣づけの妨げになることってあるのでしょうか?次ページへ続きます。