人気のシリーズ「やってみよー入試問題」です。今回は、文字や図形が鏡に映ったらどのように見えるかを学びます。これは、小学校や中学校で学習する対称図形の基礎となる重要なテーマです。

小学校入試の受験勉強は、思考力、注意力などを高め、知識量を増やします。機会あるごとにお話ししていますが、この学習は受験をしないお子さんにとっても、たいへん価値のあることです。

小学校低学年のお子さんもチャレンジする価値は充分あり、問題によっては、大人にとっても難しいものもあるほどです。親子で楽しくトライしてみてください。

実際に鏡に映す体験

いろいろな数字や文字を鏡に映して書いてみましょう。
実際に、数字や文字を鏡に映して、どういう形になるか、体験しましょう。そして、鏡を見ながら、映った文字を紙に書いてみましょう。

また、数字や文字だけでなく、身の回りの色々なものを鏡に映して、どのように見えるか、体験しましょう。

では、問題に挑戦してみましょう。