イラスト : Kaname
紙ヒコーキを飛ばしたこと、みなさん経験あると思います。

でも、いろいろな折り方の紙ヒコーキがあることをご存知でしたか。

幼児がひとりで折れる簡単なものから、大人が楽しんで作るとっても高度な折り方までありますが、今回は、簡単に作れる紙ヒコーキを5点ご紹介していますので、ぜひ親子で楽しんでください。

「折り紙をもっと身近なお友達に」でもお話していますが、折り紙は、手の発達を促すのにとても有効で、その手の発達は脳の発達にも大きな影響を与えます。ですから、ひとりでも多くの方に折り紙の魅力を知っていただき、親子で楽しんでいただきたいと思います。

特に、紙ヒコーキは折った後いろいろと楽しむことができ、遊びがどんどん発展していきます。白い紙で折った紙ヒコーキには、自由にデザインをして楽しむことができ、出来上がったヒコーキで、誰が一番遠くに飛ばすことができるか競争できます。そして、さらに遠くに飛ばすことができるように、折り方を変えたりするなど、色々と工夫をして楽しむことができます。



 紙ヒコーキを飛ばすときの注意

●お友達に向けて飛ばさないこと

●道路や駐車場など車の危険があるところでは飛ばさないこと


 紙ヒコーキをうまく飛ばすには

●軽くひじを曲げ、胴体の中央より少し前あたりを水平にして軽く持ちましょう。

●水平に、まっすぐ押し出すように、スナップを効かして、飛ばしましょう。水平より上に向けて飛ばすとうまくいきません。

●ちょうどよい力加減をみつけましょう。力を入れすぎても、弱すぎてもうまく飛びません。


 紙ヒコーキの作り方

A~Dは遠くまでよく飛びます。Eは旋回し、手前に戻ってくるおもしろい飛び方をします。


 紙ヒコーキA   紙ヒコーキB 




 紙ヒコーキC   紙ヒコーキD 



 紙ヒコーキE