手作りクッキーの飾られたツリーを見ていると、なんだか心が温かくなってきます。

“今年は、手作りクッキーで
心温まるクリスマスパーティーにしてみませんか”


~クッキーの抜き型も、牛乳パックで作ってみよう~






幼稚園のお子さんがいらっしゃるご家庭では、幼稚園のお友達と、ご近所のお友達と、ご家庭でなど、何回かクリスマス会をされる方、多いのではないでしょうか。

今回は、そのクリスマス会で、クリスマスクッキーを作ってみようというご提案です。そして、そのクッキーをツリーのオーナメントにしたり、サンタさんへのプレゼントにしたりしてみませんか。

親やお友達とのクッキー作りは、いつまでも心に残る楽しい思い出となることでしょう。また、自分の手作りクッキーを大好きなサンタさんへプレゼントできることは、子どもにとってなによりもうれしいこととなるはずです。

それに、子どもって、卵や小麦粉を泡だて器で混ぜるのが大好き!ですよね。

・・・でも、ケーキの生地作りをお手伝いするのは、ちょっと難しいですが、クッキーの生地なら子どもでも簡単に作れます。

その後の作業もお子さんと一緒に作ることができる簡単なシンプルクッキーです。そして、出来上がったクッキーをラッピングすることでかわいらしくクリスマスの雰囲気に仕上げましょう。

「でも、・・・お菓子なんて、作ったことないわ。材料も道具もないし・・・。」と、おっしゃるお母さまもご安心ください。ご紹介する型抜きクッキーはとっても簡単なので、初心者の方でも心配いりません。

また、材料や道具もご家庭にあるもので代用して作ってしまおうというものですので、ぜひ、皆さん、挑戦してみてくださいね。

例えば、バターの代わりに、どこのご家庭にもあるマーガリンでもできるかどうか試してみましたが、ちゃんとクッキーはできました。風味の違いは多少ありますが、もちろん、おいしかったですよ。

牛乳パックで作った抜き型
めん棒だって、ラップの芯にラップを巻いたものでも代用できますし、また、クッキーの抜き型が無い場合でも、牛乳パックで、簡単に手作り抜き型もできてしまいます。

お子さんと一緒にオリジナル抜き型を作ると、クッキー作りもグッと楽しくなります。


作り方は、簡単です。牛乳パックの側面(約7cm×19cm)を切り取り、中表にし縦長になるように半分(約3.5cm×19cm)に折ります。

(外側の面の縦に2等分する箇所にボールペンなどで線を引いておくと、きれいに半分に折ることができます。)

そして、例えば、その半分に折ったものをびょうぶ折りにし、輪にすると星の抜き型ができてしまいます。

★ びょうぶ折りにする時も、折れ線部分に裁縫用のヘラや色のでなくなったボールペンなどで、しっかり線を引いておくと、きれいに折ることができます。

でも、この際、クッキーの抜き型を購入してしまおうという方はこちらをどうぞ。

では、次のページで作り方をご紹介します。