2002年の教育改革で学習時間と学習内容が大幅に削減されますが、その影響はどうなるのでしょうか。

現在、幼稚園に通っているお子さまも、今年、あるいは来年、再来年から小学生です。幼稚園のお子さまをお持ちのお父さま、お母さまもご一緒に、考えてみましょう。

新学習指導要領の実施により、1977年のいわゆる「ゆとりカリキュラム」実施以降指摘されてきた学力低下傾向に更に拍車がかかり、日本の教育レベルを大幅にダウンさせかねないと言われています。

かつては確かに欧米先進国と比べても、日本の教育レベルは高水準にあるとの評価が一般的でした。しかし、「ゆとりカリキュラム」実施以降のここ十数年の間に、学力低下を指摘する様々な事例やデータが示され、危機感が高まりつつあります。

一方、文部科学省のホームページでは、下記の調査結果が紹介され、我が国の児童生徒の成績は,国際的にトップクラスであり,全体としておおむね良好であり、知識や技能を、実生活の様々な場面で直面する課題に活用する力についても、日本の子どもは国際的に見て上位であるとしています。

我が国の成績<国際 数学・理科教育調査>
国際教育到達度評価学会(IEA)

<算数・数学の成績>
  小学校 中学校
昭和39年 実施していない 2位/12か国
昭和56年 実施していない 1位/20か国
平成 7年 3位/26か国 3位/41か国
平成11年 実施していない 5位/38か国

(注)小学校については4年生の成績。中学校については昭和39、56年は1年生、平成7年、11年は2年生の成績。

<理科の成績>
  小学校 中学校
昭和45年 1位/16か国 1位/18か国
昭和58年 1位/19か国 2位/26か国
平成 7年 2位/26か国 3位/41か国
平成11年 実施していない 4位/38か国


(注)小学校については昭和45年及び58年は5年生、平成7年は4年生の成績。中学校については各年とも2年生の成績。

ところが、他の調査結果では、全く違う結果がでています。

その調査結果とは、どういったものでしょうか。