ニュージーランドのホテルほか宿泊費の相場

ホテルは定番の宿泊施設

ホテルは定番の宿泊施設

ニュージーランドの宿泊施設はホテルをはじめ、バックパッカーズ、ユースホステルといった簡易宿泊施設まで様々なタイプがあり、種類によって費用も大きく異なります。

もちろん、もっとも一般的な宿泊先はホテル。中、高級ホテルならオークランド、ウェリントン、クライストチャーチなど主要都市や人気観光地に集中しており、ヘリテージ、ノボテル、リッジズ、ホリデーインなどのホテルチェーンも展開しています。高級ホテルは一泊一部屋200~300ニュージーランドドル(約14000~21000円)、中級ホテルは100ニュージーランドドル(約7000円)からと、日本のホテルに比べて予算は安め。

車で移動することが多いニュージーランドでは、モーテルは人気の高い宿泊施設。料金は一部屋で約90~150ニュージーランドドル(約6300~10500円)。食事は付きませんが、調理用具完備のキッチンが付いているところも多いので、スーパーマーケットで食材を調達して自炊することもできます。

朝食付きの宿泊施設B&Bもニュージーランドではポピュラーな宿泊先。予算は約100ニュージーランドドル(約7000円)から。グレードの高い部屋と美味しい朝食を出す「高級B&B」は約300ニュージーランドドル(約21000円)からを目安に。

牧場付きの家庭にお世話になるファームステイは、ニュージーランドならではの体験ができるということから、海外からの旅行者に人気があります。宿泊は、ホストファミリーと一緒の建物に宿泊するタイプと、別の建物に宿泊するタイプとあり、夕食と朝食が付くのが一般的。宿泊料金は一人一泊100ニュージーランドドル(約7000円)程度から。なかには、市街地からの送迎サービス付きのところもあります。

簡易宿泊施設は共同部屋も多い

簡易宿泊施設は共同部屋も多い

宿泊費を安く済ませたい旅行者に人気なのが、バックパッカーズやユースホステル(YHA)といった簡易宿泊施設。リビング、キッチン、シャワー、トイレなどが共同利用になりますが、他の宿泊施設に比べ格安で泊まれるということで、長期旅行者や現地学生などに人気。部屋はシングル、ダブル、ツインの他に3、4人用のシェアルームや、一部屋に二段ベッドがいくつか入ったドミトリーと呼ばれる共同部屋までさまざまなタイプがあります。価格はダブルルームで一人約30ニュージーランドドル(2100円)、ドミトリーなら一人20ニュージーランドドル(1400円)。

ニュージーランドの宿泊施設の紹介はこちら>>>ニュージーランドの宿泊施設

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。