これでばっちり! スペインでフラメンコ鑑賞

ドリンク込み、ディナー込みなど様々なショーがある

ドリンク込み、ディナー込みなど様々なショーがある

スペインならではのエンターテインメント、フラメンコはその華麗で迫力のある踊りと歌声で観る人を圧倒します。ぞくぞくする感動が味わえるので、スペイン滞在中に是非一度は見たいもの。フラメンコには、昔ながらの基本の形で人とギター1本で勝負するシンプルなスタイルのものと、日本でも一時有名になったホアキン・コルテスなどが行うダンス風のモダンなものなど、様々なカテゴリーがあります。

前者は「タブラオ」と呼ばれるフラメンコ専用の小さなステージがあるライブハウスのような場所で、後者はコンサートなどが行われる大ホールで見られます。スペインでフラメンコ鑑賞と言えば、年中いつでも行われているタブラオでの鑑賞が一般的。後者のような有名ダンサーのステージは、コンサート同様に不定期なので前もって情報が得にくいのです。

お目当てのダンサーがいるならウェブで講演の予定を調べるか、各都市のキオスコと呼ばれる道端にあるタバコや新聞などが売られている売店にある、「Guia de Ocio(ギア・デ・オシオ)」という雑誌で1週間のエンターテイメントのスケジュールを見ましょう。

■各地のおすすめタブラオ

フラメンコ鑑賞の際の注意

現地で楽しめば一生の思い出になるはず

現地で楽しめば一生の思い出になるはず

フラメンコは、通常昼間は行われず、早くても20時頃から始まり、約1時間~1時間半くらい催されます。帰りが遅くなるので、できればお店か、出かける前にホテルのレセプションでタクシーを呼んでもらいましょう。

服装はカジュアルでも入店拒否されることは少ないと思いますが、女性ならきちんとしすぎないワンピースやスカートなど、男性はランニングシャツなどではなく、シャツやお洒落めのシャツできめて行ったほうが周囲に馴染みます。

写真撮影は大抵OKですが、お店によってはアーティストの邪魔にならないよう、フラッシュを禁止しているところもあるので確認しておきましょう。ショーの最中はできるだけトイレなどに立たないようにするのがマナーです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。