意外に多い新生児・赤ちゃんの便秘。その解消法は?

便秘で苦しむ赤ちゃんは多いもの

便秘で苦しむ赤ちゃんは多いもの

新生児や赤ちゃんの便秘の原因は様々ですが、新生児期の便秘は下記の2つに大別されます。

■1 母乳か?ミルクか?栄養方法による原因
赤ちゃんのお腹に入る栄養方法が原因になる場合があります。一般的に、ミルクのほうが便秘になりやすいといわれています。

母乳栄養は消化がよいので一般的にうんちの回数は多くなり、場合によっては1日10回近くも出る赤ちゃんもいるほど。ただし、母乳不足でミルクを足し始めたり、おっぱいをあげられずミルクオンリーになると、便秘傾向になる場合があります。
ミルクもメーカーによって個体差があるので、ミルクを替えてみる事も時には必要です。和光堂の「はいはい」はオリゴ糖が入っていて便秘しにくいようです。

■2 運動不足や腸の長さなど、器質による原因
運動不足や季節による違い、腸の長さ、母乳不足なども、新生児の便秘の原因になりなす。

助産師の赤ちゃん訪問の際、便秘に関する相談はとても多く寄せられます。「何日間出ないと便秘になりますか?何日目で肛門を刺激したりして、強制的に出さないといけませんか?」などの質問が多いです。

けれど便秘の傾向は、一概には決められません。1日10回以上うんちをしていて、急に1日1回になってしまうのは便秘傾向と言えるのかもしれませんが、2日に1回しか出さなかった赤ちゃんが3日出ない事は、便秘だとは断定できません。赤ちゃんの日頃のうんちの習慣や状況によって見極めることが重要ですが、もし苦しそうな場合は便秘解消法を試してたり小児科の先生にご相談してみてください。


赤ちゃんの肛門を刺激!綿棒浣腸の作り方・やり方

赤ちゃんの便秘の対処法として、病院でもよく指導されるのが簡単にできる「綿棒浣腸」です。
大人用の綿棒の先をほぐして作る

大人用の綿棒の先をほぐして作る


■綿棒浣腸のやり方
  1. 大人用の綿棒をほぐし、ほぐし綿棒を作ります。
  2. ベビーオイルやオリーブオイルなどをたっぷりとつけ、すべりをよくします。
  3. その綿棒を、赤ちゃんの肛門に入れたり出したります。ただつつくのではあまり便が出ない事が多く、しっかりとふくらんでいる部分まで入れることがポイントです

綿棒浣腸の注意点

  • 綿棒は大人用の物を使いましょう。赤ちゃん用の綿棒は細いので効果がないばかりではなく、硬さにより直腸の粘膜を傷つけやすいのでオススメできません。
  • 綿棒浣腸は、手っ取り早く便を出したい時には効果的ですが、クセになりやすい面もあるので注意が必要。

その他の赤ちゃん向け便秘解消法「お腹マッサージ・便秘改善エクササイズ・マルツエキス」を紹介していきます。