向日市といえば、西国街道長岡京跡を筆頭に寺社仏閣や古墳等の歴史的見所が多い街。しかし市街地部分は狭く、知名度が高くて集客力のある施設には乏しい街でした。そんな向日市に平成21年現れたのが「京都激辛商店街」。こりゃ、辛いもん好きにはたまらん街でしょ!?ということで今回は阪急京都線「東向日」駅を中心とした「京都激辛商店街」界隈をご紹介いたします。

JR・阪急の2WAYアクセス

JR「向日町」駅西側。東側をおりれば京都市南区。

JR「向日町」駅西側。東側におりれば京都市南区となる。
 

阪急「東向日」駅西側ロータリー。小規模な商業店舗が密集する。

阪急「東向日」駅西側ロータリー。小規模な商業店舗が密集する。

京都市と長岡京市に挟まれ、京都市内に食い入るような場所にある向日市。市内唯一のJR線の駅であるJR京都線「向日町」駅の北東部は京都市南区です。

市内にはJR京都線と阪急京都線が並行して南北に走ります。JR線が東側で、西300~500m程度離れて西側に阪急線があります。

大阪方面に出るにはJR線・京都線ともに長岡京市内で優等列車に乗り換えるのが便利で、JR利用の方が10分ほど早く着きます。JR「大阪」駅には一駅大阪寄りの「長岡京」駅、もしくは新快速停車駅でもある「高槻」駅で快速に乗り換えると30分強。そのまま各駅停車でいっても40分強 です。阪急京都線利用では「西向日」駅の一つ大阪寄りである「長岡天神」駅で乗り換えて40分前後です。

西国街道界隈の古い街並が過半

ライフシティ東向日。昔よく見かけた市場のようなショッピングセンター。

ライフシティ東向日。昔よく見かけた市場のようなショッピングセンター。

JR「向日町」駅から向日市役所界隈を結ぶ西国街道。そのうちでも阪急「東向日」駅周辺が向日市の中心部となります。商店街やショッピング施設が集中するのもこの周辺です。核となる店舗は、昔懐かしい雰囲気のショッピングセンター「ライフシティ東向日」と地元密着型といえる規模の「向日町サティ」。また、商店街は狭いながらもバス道となっており、道路沿いには飲食・物販等の店舗が点在しています。

また、店舗以外では旧家が多いのも特徴。周囲を歩いていると、古くからの栄えていた街道の街であったのだと感じられます。

それでは、次のページでは阪急「東向日」駅を中心とした、周辺の街並をご紹介いたします。