ミニ開発戸建もあるが、旧家の多い街並 阪急京都線「東向日」駅を中心としたエリアは、戸だてが中心の街並です。マンションやアパートの数はあまり多くなく、新旧入り混ざったミニ開発戸建と旧家が中心となる街並です。まずはJR「向日町」駅から阪急「東向日」駅を経て向日市役所近辺の風景を紹介します。

JR「向日町」駅西側駅前の交番。竹がモチーフ。

JR「向日町」駅西側駅前の交番。竹がモチーフ。ここから南西方向、阪急「東向日」駅方面へ向かう。

JR「向日町」駅と阪急「東向日」駅結ぶ西国街道。

JR「向日町」駅と阪急「東向日」駅結ぶ西国街道。

阪急「東向日」駅西側の「向日町サティ」は地元客で賑わう

阪急「東向日」駅西側の「向日町サティ」は地元客で賑わう

サティのを右手に西側を望む。駅徒歩5分もいけばこのような風景。

サティを右手に西側を望む。駅徒歩5分もいけばこのような風景。

向日市役所。阪急

向日市役所。阪急「東向日」駅から徒歩10分。

市役所の東側には竹林が残る。他にも竹林は点在。

市役所の東側には竹林が残る。他にも竹林は点在。

向日町競輪。京都府内唯一の自転車競技場らしい。

向日町競輪。京都府内唯一の自転車競技場らしい。


一方住宅はどんな様子なのでしょうか?まずは近年に開発された戸建ての街並です。
JR界隈のミニ開発の戸建。周辺は青空駐車場もまだまだ多い。

JR界隈のミニ開発の戸建。周辺は青空駐車場もまだまだ多い。

敷地に道路を一本通しての戸建。

敷地に道路を一本通しての戸建。

少し古い開発。駐車場が無い、もしくは小さい。

少し古い開発。駐車場が無い、もしくは小さい。

こちらは少し大きめの戸建。

こちらは少し大きめの戸建。

このような新しい街並と対照的なのは続いての、古くから残る街並です。
白い壁が鮮やか。まだまだこのような景色が多い。

白い壁が鮮やか。まだまだこのような景色が多い。

幹線沿いの立派な屋敷。

幹線沿いの立派な屋敷。

まだ現役で使われているであろう蔵を発見。

まだ現役で使われているであろう蔵を発見。

阪急「東向日」駅近辺にて。石畳風の舗装がしゃれている。

阪急「東向日」駅近辺にて。石畳風の舗装がしゃれている。

最後のページでは、激辛なお店についてちょこっと紹介いたします!