メキシコのコーヒー

おいしいコーヒーを飲めるカフェもたくさんあるメキシコ

おいしいコーヒーを飲めるカフェもたくさんあるメキシコ

メキシコは世界で7番目を誇るコーヒー豆の産地。南に位置する、ベラクルス州、オアハカ州、チアパス州の3大生産地のほか、ゲレロ州、プエブラ州、イダルゴ州でもアラビカ種をメインに生産しています。

しかし、世界有数のコーヒー生産地でありながら、10年くらい前までは、飲食店でコーヒーを注文すると、インスタントコーヒー粉の瓶ともに、お湯が出てくるのが一般的(つまり、自分で作れということ)でした。それは他の多くのコーヒー生産国同様、コーヒー豆が欧米へ輸出するための高級品で、一般には出回っていなかったからです。

現在では世界的なカフェブームや、反グローバリズム運動が盛んになり、コーヒー生産農家の意識が高くなったため、多くのメキシコのカフェやレストランで美味しい国産コーヒーが気軽に飲めるようになりました。現地で飲むコーヒーの味は香り高く、格別。アメリカンや、エスプレッソ、カプチーノといった欧米スタイルが基本ですが、メキシコならではの飲み方もあります。

■カフェ・デ・オジャ
つぼのようなカップにコーヒーが

つぼのようなカップにコーヒーが

シナモンと黒砂糖とともに鍋で煮だすコーヒー。新スペイン時代から伝わるメキシコ伝統の飲み方。優しい味で、体があたたまります。

 
■カフェ・コン・レチェ
メキシコ版コーヒー牛乳。菓子パンと一緒にどうぞ

メキシコ版コーヒー牛乳。菓子パンと一緒にどうぞ

濃いエスプレッソに、牛乳をたくさん入れたもの。カフェオレというよりも、メキシコ流コーヒー牛乳といった懐かしい味。コーヒーを注いだコップに、高い位置から牛乳を注ぐ事で、きめ細やかな泡ができ、まろやかな味になります。

コーヒーもメキシコのお土産として喜ばれるもののひとつ。ただ、スーパーで売られているものは安いけど、味も落ちるのでおすすめしません。ちょっと高くてもコーヒー専門店か、こだわりのコーヒーを出すカフェで買うのがいいでしょう。500g=90~150メキシコペソくらいで美味しいコーヒーが買えます。

メキシコシティでメキシコ産コーヒーが飲める雰囲気のいいカフェを紹介しています>>>メキシコシティのカフェメキシコシティ、セントロ地区のカフェ




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。