エリアガイド2 新市街

シタデルから見た旧市街

シタデルから見た旧市街

城壁から一歩出ると、まるでタイムスリップしたかのよう。中世のたたずまいの城壁内から現代へ一気に時代が進みます。旧市街では石造りの建物が続いていてサンルイ通りは、そのままグランダーレ通りとなり、地元の人々でも賑わうレストランやお店が立ち並ぶメインストリートになります。この通り沿いにもホテルが多く、周囲の便利さや旧市街への近さなどから人気の高いエリアです。

新市街とはいえ、見どころには歴史的なものが多く、その一つがシタデル。これは旧市街に隣接した要塞で、日本の五稜郭に近いものといえます。現在の要塞は19世紀当時敵対関係にあったアメリカからの侵略を防ぐために作られたものです。現在もカナダの軍事施設として利用されており、夏場は第22衛兵による衛兵交代式も見られます。

そのシタデルに隣接するのが戦場公園。穏やかではない名前が示すように、その昔カナダの覇権をめぐり、イギリスとフランスが戦った場所で、当時はアブラハム高原と呼ばれていました。現在はケベック市民の憩いの場として、人気の高い公園として知られています。

そして、州都ケベックシティとしての政治の中心が州議事堂。1886年に完成した現在の建物は、当時欧米各地で流行していた第二帝国と呼ばれる建築様式が利用され、建物の周囲にはケベックゆかりの様々な歴史上の人物の銅像があります。

<DATA>
La Citadelle
料金:大人16カナダドル、シニア(65歳以上)13カナダドル 子供(17歳以下)6カナダドル
開館時間:(夏)9:00~18:00 (冬)10:00~16:00
閉館日:12月25日、1月1日