エリアガイド1 ケベック旧市街の歴史地区

川面から見たケベック旧市街 (C) Tourism Quebec

川面から見たケベック旧市街 (C) Tourism Quebec

「ケベック旧市街の歴史地区」とは、ユネスコ世界遺産に指定されている地域を指し、アッパータウンと呼ばれるセントローレンス川を見下ろす丘の上にある城壁に囲まれた部分と、ロワータウンと呼ばれる、城壁の外とセントローレンス川に挟まれた城下町的な部分の2つのエリアからなります。歴史的にも貴重な場所ということで世界遺産に指定されているだけあって、石造りの建物や細く込み入った道路など、北米とは思えないほど、歴史の香りが漂います。では、城壁内のアッパータウンから回ってみましょう。

旧市街の象徴シャトーフロントナック (C) Fairmon Hotes and Resorts

旧市街の象徴シャトーフロントナック (C) Fairmon Hotes and Resorts

アッパータウンではお店やレストランの多いサンルイ通り、サンジャン通りがメイン。すべて歩いて回れます。アッパータウンでまず目に入るのが、フェアモン・シャトーフロントナック。1893年創業で、ケベックシティの象徴とも言える古城風の老舗デラックスホテルです。旧市街で最大規模のホテルであり、歴史的なたたずまいとあいまって、その存在感は圧倒的! 特に旧市街を外から見たとき、そのさまは城塞の中の古城そのもの。もちろんケベックシティで一番人気のホテルで、セントローレンス川が見えるリバービューの部屋は特に人気。 

 

大道芸人がいたり、にぎやかなテラス・デュフラン

大道芸人がいたり、にぎやかなテラス・デュフラン

シャトーフロントナックの横からセントローレンス川沿いに続くのがテラス・デュフラン。夏場の観光シーズンには大道芸人もいたり、たくさんの観光客で賑わう人気スポットです。小高い丘の上にあるアッパータウンですが、このテラスから城壁の下にあるロワータウン、北米大陸東部を流れる大河セントローレンス川の雄大な流れや、その川に浮かぶオルレアン島など、周囲の風景を見るには、ここがベスト! このテラスを進むと階段が始まり、そこからは総督の散歩道と呼ばれます。急な階段が続きますが、上りきったダイヤモンド岬の展望台からの景色はさらに格別です。 

 

地元の芸術家が集まるトレゾール通り

地元の芸術家が集まるトレゾール通り

ケベックといえば、フランス文化が背景にありますが、最初に入植してきたフランス人の精神的な支えともいえるのがローマカトリック教会。旧市街にあるノートルダム聖堂は、ケベックにおける中心的な存在として知られています。また、フランス文化と芸術も切り離せない関係にありますよね。シャトーフロントナックそばにあるトレゾール通りと呼ばれる細い小道は、地元の画家たちが集まる場所。所狭しと自分の作品を並べていたり、似顔絵を描いていたりして、いつもにぎやかな場所です。

 

プチシャンレーンと奥に見えるフニキュラー (C) Tourism Quebec

プチシャンレーンと奥に見えるフニキュラー (C) Tourism Quebec

では、ロワータウンに移動しましょう。シャトーフロントナックの目の前にある広場がプラスダルム。そこからロワータウンへ降りていくことができますが、首折りの階段を利用する方法と、フニキュラーと呼ばれる小さなケーブルカーを利用する方法があります。首折りの階段は急な階段ですが、途中にお店もあるので、片道は階段を利用したいところ。下りは楽に階段を利用し、上りには話しの種にもなるので、フニキュラーを使ってみてはいかがでしょうか?

首折りの階段を降りて来ると、北米では最古と言われているプチシャンプランと呼ばれる商店街に入ります。城壁のすぐ下にあるので、日本風にいえば、城下町というところ。ギフトショップやブティック、カフェなどが軒を並べており、夏の観光シーズンには大半の店が21時ごろまで営業しています。買い物に興味がない人でも、散策がてら、十分に立ち寄る価値あり! そしてロワータウンの中心ともいえる広場がプラスロワイヤル。ここは最初にフランス人が入植した場所で、カナダにおけるフランス文化発祥の地とも呼べる場所で、中央にはルイ14世の銅像ががあります。 

 

フェリーから見たケベックシティ旧市街の夜景

フェリーから見たケベックシティ旧市街の夜景 (C) Blue Works

さて、この美しい旧市街の町並みですが、全景を見るにはセントローレンス川の川面から見るのが一番。観光用のクルーズもありますが、ガイドおススメはセントローレンス川対岸の町レヴィに渡るための小型のフェリー。これは市民の足ですが、このフェリーの船上はケベック旧市街の町並みを見るベストスポット。特に夜景の美しさはガイドのイチオシ。対岸には特に見るべきものはありませんので、ただフェリーで往復するだけで十分楽しめます。

<DATA>
The Fairmont Chateru Frontenac
住所:1 rue des Carrières, Québec, Quebec G1R 4P5
TEL:(418) 692-3861
FAX:(418) 692-1751

Funiculaire
乗り場:アッパータウンではシャトーフロントナック前、ロワータウンでは、プチシャンプレーン内
料金:大人子供共通2.25カナダドル
営業時間:7:30~24:00(冬場は~23:00)

Quebec Ferries
アクセス:旧市街ロワータウンそば
料金:大人3.35カナダドル、シニア(65歳以上)3.05カナダドル、子供(5歳から11歳)2..30カナダドル
運行時間:6:00~深夜2:00まで、30分から1時間間隔で運行(曜日により多少の変動あり)
所要時間:約10分