波乱万丈の2008年も残り僅か。インフレが騒がれた前半から、金融危機に揺れる後半、最後は世界が景気後退の一色に染まり幕を閉じようとしています。投資信託にとっても苦難の年でした。しかし、こんな年でも頑張ったファンドもあります。ガイドが選んだ投資信託 勝手にランキング2008を発表します!

セレクトの基準

ガイドの2008投資信託アワードに輝いたのは、このファンド!
コンセプトは「将来のまとまったお金を作る資産形成のため」に使えて「初心者の方にもわかりやすい商品」で「安定した運用」を目指すファンド。そんなファンドを選ぶため、以下の8つの点にこだわりました。

●なるべく3年以上の実績があるもの

●30億円以上の残高があるもの

●なるべく低コストのもの

●償還期間が決まっていないもの

●なるべく分配金がでないもの・再投資が選べるもの

●分散投資に向くもの

●運用のコンセプトに賛同できるもの

●ほどほどの好成績が望めるもの

こんな独自の基準を設定して、数あるファンドの中から、勝手にランキングさせていただきました。カテゴリーは以下の3つ。今年は、インフレの叫ばれた前半と株、為替の大暴落の後半で大きく投資環境に変化がありましたが、1年を見渡して選んであります。

  ■こんな時代にも頑張ったで賞…P.2
  ■金融危機にもめげず、資産をキープしているで賞…P.2
  ■じっくり積立に向くファンド2008…P.3

さあ、どんなファンドがノミネートされているでしょうか。栄えあるランキングをご覧ください。