投資信託には金融機関や投資信託によって、口数を指定する買い方と金額を指定する買い方の2つがあります。初めて投資信託を買う時に困らないよう買い方を理解しておきましょう。

そもそも投資信託の口数って?

投資信託をインターネットで購入する際の手順は以下の通り。
1.ファンドを選ぶ
2.目論見書でファンドの詳細を確認
3.どの位購入するかを入力 
4.確認画面をチェックして注文

この工程の中で「どの位購入するか、画面で口数と問われて戸惑いました。」という方が少なくありません。迷われるのはこのような画面で口数を入力する際のようです。
ネットで購入する際の画面の一例。購入金額の欄に希望する口数や金額を入力する

そもそも「口数」とは、投資信託の取引単位のこと。株式は「1株」で表しますが、投資信託では「1口」といいます。多くのファンドは運用開始する際、額面1口=1円でスタートします。

投資信託の時価を示すのが「基準価額」、株式の「株価」に相当するもので、ファンドの1万口あたりの値段を表します。基準価額は、ファンドに組み入れられている株式や債券などの資産の時価総額=純資産総額を投資信託の総口数で割って求めます。

投資信託の購入金額は、
購入金額=口数×基準価額÷10,000で求められ、購入金額、口数そのどちらを基準とするかで買う方法が異なります。その買い方は金融機関や購入する投資信託によって異なります。
同じ投資信託でも分配金を受け取る場合は口数ベース、分配金を再投資する場合は金額ベースという違いもあります。

次のページでは具体的に数字で、投資信託の2つ買い方を見てみましょう。