前回のガイド記事では、消費税が還付される仕組みについて説明いたしました。
課税売上高に含まれる消費税が支払った消費税より多いので納付

でも
課税売上に含まれる消費税より支払った消費税が多いので還付


でも、要は消費税の申告書を提出できる事業者、つまり、消費税の課税事業者にならなければいけません。逆にいえば、消費税の課税事業者にならなければ、還付の申告をすることはできず、消費税の還付は受けられないことになります。


消費税の還付を受けられる前提条件とは


つまり、消費税の還付を受けられる前提条件を集約すると、
・ 消費税の課税事業者であること
・ 課税売上高に含まれる消費税が、控除対象仕入税額より少ないこと
の、2点を満たす必要があります。
では、消費税の課税事業者になるためにはどのような方法があるのでしょうか。

消費税の課税事業者になるための3つの方法とは?詳細は次ページへ>>