フォント表示を切り替えよう!

Mac OS Xの画面が美しいのは、フォントが美しいからといっても過言ではないほど、Mac OS Xに標準で搭載されているヒラギノフォントは見やすく、そのまま出版物にしてお金がとれそうなほどの美しさ。

Mac OS X v10.5 Leopard なら、標準で「ヒラギノ角ゴ ProN W3/W6」「ヒラギノ角ゴ StdN W8」「ヒラギノ丸ゴ ProN W4」「ヒラギノ明朝 ProN W3/W6」の4種類、6書体も付属しています。もちろん、欧文フォントも豊富に搭載されているので、何も足さなくともフォントに不満を持つことはほとんどありません。

それでも、もっとフォントがほしいと思うなら、商用・フリーのフォントを配布しているサイトをチェックしてみましょう。

【フォントの紹介、配布を行っているサイト】
アプリケーション フォルダにある「Font Book」を起動すると、フォントの管理ができます。フォントを追加したり、削除した場合は、アプリケーションを再起動する必要があります

アプリケーション フォルダにある「Font Book」を起動すると、フォントの管理ができます。フォントを追加したり、削除した場合は、アプリケーションを再起動する必要があります


表示するフォントを変更するには、各アプリケーションの「環境設定」の表示関連設定から行うことができるでしょう。Safariの場合ならば、「環境設定 - 表示」を開きます。

なお、Mac OS Xではさらに画面全体でフォント表示の“濃さ”を変更することができます。「システム環境設定 - アピアランス」を開き、「滑らかな文字のスタイル」を“中”または“強”にして、アプリケーションを再起動してみてください。画面全体で文字がクッキリ表示されるようになります。

文字が少しぼやけている感じがするのなら、“強”にしてみましょう

文字が少しぼやけている感じがするのなら、“強”にしてみましょう




文字が少しぼやけている感じがするのなら、“強”にしてみましょう

文字が少しぼやけている感じがするのなら、“強”にしてみましょう


■関連記事
  • Mac OS X のアイコンの作り方
    Mac OS X標準のツールだけで半透明アイコンの作り方をお教えします。
  • Mac OS の日本語へのこだわり
    Mac OSは主に新聞や雑誌制作などのDTP用途に使われることが多いので、文字のデザインやレイアウトに関する機能にWindowsとは異なるこだわりがあるようです。
  • Mac版Officeの文書互換性を向上させる
    文書ファイルの互換性を高めるために、Mac版 Office のフォント設定などを調整する方法や注意点を紹介。
  • Macカスタマイズのキホン
    今回は、いろいろあるMacのカスタマイズ方法の中から、システム環境設定により可能なものと、オンラインソフトによるカスタマイズを紹介します。
  • アスキーアートを正しく見る
    Mac では「2ちゃんねる」などでよく使われる“AA (アスキーアート)”がズレてしまいます。しかし、Mac OS X ならフォントを変更してなんとかなりそうです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。