画像
情報ウインドウのアイコンの部分をクリックして command + c (コピー)を押し、別のファイルの情報ウインドウの同じ位置で、command + v (ペースト)を押すことで、アイコンがコピーできます。コピー元になるデータは画像データであれば、アイコンである必要性はありません。
Mac OS X でも、Mac OS 9.x と同じように、Finderの“ファイル - 情報を見る”で表示されるウインドウでアイコンをコピー&ペーストできます。

さらに、アイコンサイズではない画像データでもそのままペーストできるので、プレビューなどで表示した画像を編集 ー コピーしたものや、画像編集ソフトの画面をコピーしたものでもアイコンとして貼り付けることができます。

しかし、単純に画像データをコピー&ペーストする方法では画像の透過した部分が白く塗りつぶされてしまうため、かっこ悪くなってしまいます。

 

 

このような透過情報を含む画像データをコピーしても…(画面はPhotoshopの編集画面)
透過部分のあるデータをアイコンとして貼り付けると、透過部分が白色で塗りつぶされてしまう…… (Finder のウインドウ背景を青色に変更しています)

では、画像データの透過部分をそのまま利用してアイコンにするにはどうやればよいのでしょう?

もちろん、シェアウエアの Icongrapher などをダウンロードして、利用するのも手ですが、ちょっと違う方法で透過したアイコンを作成する方法をお教えします。

前準備

まずは、Mac OS X に付属している Developer Tools CD から、ツールをインストールしましょう。
(最近のモデルであれば、アプリケーション フォルダの Installers フォルダ以下に含まれます)
Developer Tools CD の Package フォルダにある“DeveloperTools.pkg”をダブルクリックしてインストールしてください。DeveloperTools.pkg の場所がわからなければ、Developer.mpkg をダブルクリックしてデベロッパツールをすべてインストールしましょう。

これで、/Developer/Applications/Utilities に IconComposerというアプリケーションが入ります。今回は、これを使います。

さて、早速、IconComposer をダブルクリックして起動して下さい。以下のような画面になります。


このソフトは、Photoshop 形式のファイルが作成可能な画像編集ソフトで作成した画像ファイルを使って、アイコンを作成するソフトです。Photoshop 形式 で保存したファイル(拡張子 が .psd)を、このウインドウにドラッグ&ドロップして使用します。
※Photoshop 関連のソフトを持っていない場合は、デモ版をつかってください。購入が必要な場合はPhotoshop Elements などがお手軽価格でオススメです。

具体的には、まず、透過部分を含む 128x128ピクセルで作成した画像ファイルを いちばん大きなエリアドロップします。

いろんなサイズのアイコンに変換

あとはそのほかの四角いエリアにどんどんドロップしていきましょう。そうすることで、いろんなサイズのアイコンが作られ、解像度やアイコンの大きさに応じて最適なものが選ばれるようになります。

途中で、以下のようなアラートが表示されますが、気にする必要はありません。それぞれのデフォルト(点滅しているボタン)を押してください。

画像
※同じサイズの画像じゃないけど小さくして使うかい?というアラート
もちろん、使用(Use scaled version)します。
画像
※マスクにも切り出すかい? というアラート。もちろん Yesをクリックします

すべてのエリアに画像をドロップできれば作業は完了です。例として以下のようになります。
画像
上図はやや古いツールでの表示になります。Leopard世代では、512x512のサイズも追加されています
そして、このデータを保存すれば、拡張子がicnsのファイルができます。ここでは、ファイル名を「Calculator.icns 」としてください。

「計算機」アプリケーションを流用してFinderでアイコンをコピーできるようにする

先ほど作成したアイコンファイルのアイコンデータをコピーできるようにするためには、Finder の“情報を見る”で見えるようにしなければなりません。そのためにはアプリケーションなどのアイコンデータをこのファイルで置き換えて、Finder 上でアイコンとして認識させてやる必要があります。ここでは「計算機(Calculator)」を使用しましょう。

この Calculator はアプリケーションフォルダに入っています。デスクトップなどにバックアップをコピーして、その上で control + クリックしてパッケージを開いて下さい。

あとは、/Contents/Resources/Calculator.icns を先ほど作成した Calculator.icns ファイルで置き換えてやればOK。

・・・でも、これだけではすぐにアイコンが変わりません。アイコンデータを反映するには、Finderを再起動(ログアウトしてログイン、またはMacを再起動)します。
※再起動が面倒ならばアイコンデータを変更した 計算機 をさらにコピーしてもアイコンデータが反映されます。

Finder を再起動すれば、先ほどのアプリケーションのアイコンが変更されます。もちろん、背景部分も透過されています。

ここまでできたら、Finder のファイル - 情報を見る から、この Calculator の“情報を見る”ウインドウを開き、command + c を押して、アイコンをコピーします。
コピーしたアイコンを別の書類やフォルダにペーストしておけば後は同じ Calculator を使って同じ操作を繰り返せばよいのです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。