コンピュータで重要なデータを保管する場合の最大の問題点は、予期せぬハードウェアのトラブルが発生することによって今までのデータを失う危険性があることです。

MacでのバックアップはTime Machine(タイムマシン)におまかせ

このようなリスクを回避するためには「バックアップ」しかありません。パソコンの中に入っているデータを別のハードウェアにコピーしておくことで、どちらか片方が故障しても、データを失ってしまうことを防ぎます。

Macでバックアップといえば、標準機能であるTime Machineです。外付けのハードディスクをつなげることで、誰でも簡単に設定でき、定期的に自動バックアップしてくれるのが特徴。その他にもiBackupというフリーのユーティリティがあるので、Macならいろんな方法でバックアップできます。

【TimeMachineの設定方法】
  1. アップルメニュー - システム環境設定 を開き、Time Machineを開きます。
  2. 左側のスライダーをクリックして「入」にします。
  3. 「ディスクを変更…」をクリックしてバックアップに使う外付けハードディスク、またはTime Machineに対応したネットワークストレージ(Time Capsule[[new]]など)に設定します。
  4. 初回バックアップは丸一日程度の時間がかかりますが、それが終わればほとんど意識することなくバックアップが可能です。
https://imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/1/3/4/3/timemachine.jpg
バックアップで使用するハードディスクはバックアップしたいディスクの2倍以上は必要になります。バックアップ側の容量が足りなくなると、自動バックアップがうまく機能しなくなるので注意しましょう

■関連記事
  • いろいろ使えるTime Capsule
    AppleのTime Capsule(タイムカプセル)は、主にMacをワイヤレスでバックアップするために使用するデバイス。このTime Capsuleの使い方やできることなどを解説。
  • ホームディレクトリを持ち歩く
    「あのパソコンとこのパソコンで同じ環境を作りたい」「気分に応じてパソコンを使い分けたい」Macなら簡単にできます。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。