★20歳~60歳になるまで厚生年金に加入していたので老齢基礎年金は満額が受給できる★

内山さんは昭和18年の生まれですね。だから、20歳になったのは、昭和38年です。

老齢基礎年金は全国民共通の老後の年金なのですから、加入していた制度が異なっていても、同じ条件のもとで支給されなければなりませんよね。

国民年金は,昭和36年4月にスタートしていますから、昭和36年4月~昭和61年3月までの間については、国民年金以外の公的年金制度に加入していた場合でも、20歳以上60歳未満だった加入期間については、現在の制度と同様に国民年金にも加入していたものとみなすことになっています.

だから、内山さんは、満額79万7000円(平成15年度価格)の老齢基礎年金を受給できるのです。

いかがでしょうか?
少し、複雑でしたでしたか?
時間がかかるかもしれませんが、以前の記事でもお話しましたように、昭和36年4月と昭和61年4月は、公的年金制度を理解する上でキーワードになります。少しずつでも、年金を楽しく学習していただけたらいいなァ…と思います♪いっしょに頑張りましょうネ!
◆関連リンク
あなたの年金額をシミュレーション
あなたのギモンに回答!「国民年金基金」をもっと詳しく
世代別の人気年金プランはコチラ

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。