介護保険は、介護の必要な人を社会全体で支えるしくみ
2000年4月からスタートした公的介護保険。40歳未満の人は「そんな保険あったの?」と思うかもしれませんが、公的介護保険は40歳以上の人が被保険者となる社会保障制度で、健康保険料とともに給料から介護保険料が差し引かれています。
その介護保険が5年に1度の制度改革時期を迎え、40歳未満の人にも影響を与えそうな改革案が検討されています。若者もひとごとではないこの改革。どのような改革案かチェックしてみましょう。

介護保険はこんな保険です

●誰が対象?
介護保険は40歳以上の人が加入します。原則65歳から介護サービスを受けることができ、40歳~64歳までは「加齢にともなう病気により介護状態になった場合」にのみ介護サービスが受けられます。つまり、交通事故やスポーツ中のケガが原因で介護状態になった場合には、65歳になるまでは対象外です。

●どんなサービスを受けられる?
介護サービスを受ける際には市区町村へ申請をし、介護の認定を受けます。「自立・要支援・要介護1~5」の7段階に分けられ、その度合いに応じて介護サービスを受けられる上限が決められます。
自宅へヘルパーさんが来てくれて家事をしてくれたり、近所のリハビリセンターへ通ったりする「在宅介護サービス」、特別養護老人ホームなどの「施設サービス」、住宅の改修費などを補助してくれる「費用サービス」があり、利用者は利用したサービスの1割を自己負担します。
介護保険のしくみ(金融広報中央委員会)

検討されている改革案は?

もともと、施行後5年をめどに必要な見直しをすることが法の附則に盛り込まれていましたが、サービスの利用者がスタート時の2倍に増えたことや、在宅での介護と施設での介護では利用者の負担額に不公平があるなどの問題が浮上しています。