複数回入試は活用パターンをよく考えて

ノートを抱えた学生
埼玉の中学入試は東京との併願が可能なゆえ、難易度が高くなっている
埼玉県の私立中学校は26校中17校が共学、女子校・男子校がそれぞれ3校となっています。新設校として2011年度に開智未来中学校・高校(共学・加須市)が開校。さらに埼玉では13年4月に新しい共学校が3校開校します。国際学院中学校、東京成徳大学深谷中学校、武南中学校の3校で、これにより共学は20校になります。

埼玉の私立中学校入試は1月10日にスタートを切り、東京、神奈川の入試は2月1日から解禁となるので、埼玉エリアの人気校は東京受験者の併願校ともなっています。しかし近年、埼玉の私立中学校も中高一貫校への教育熱と連動し、東京の私学に引けを取らず難易度は高くなっています。

どの学校も入試を複数回行い、東京、神奈川同様に午前・午後入試を実施する学校も出てきて同日かけもち受験が可能になるなど、受験生にとってはチャンスが広がっています。ただし、これは埼玉に限らず、どの学校も第1回入試の募集人数が最も多く、2回目以降は少なくなるため倍率が高くなります。志望校選びはやはり慎重に考える必要があるでしょう。

以下、その例を挙げておきます(2012年度)。

・立教新座(男子校)第1回(定員約100名)入試倍率は2.1倍、第2回(約40名)4.6倍
・浦和明の星女子(女子校)第1回(定員120名)入試倍率2.0倍、第2回(定員40名)5.1倍
・淑徳与野(女子校)第1回(定員85名)入試倍率2.0倍、第2回(定員20名)6.0倍
・星野学園(共学)理数選抜第1回(定員25名)4.7倍、理数選抜第2回(定員15名)6.8倍
・開知(共学)先端クラスA(定員約20名)2.3倍、一貫クラス(2)(定員約40名)2.5倍、
・栄東(共学)東大クラス選抜I入試(定員約60名)1.3倍、東大クラス選抜II入試(定員約20名)1.8倍、東大クラス選抜III入試(定員若干名)4.6倍
・春日部共栄(共学)第1回(定員65名)入試倍率1.6倍、第2回(定員45名)1.7倍、第3回(定員10名)1.7倍

埼玉で完全中高一貫教育を行っている私立学校は浦和明の星女子(女子)、秀明(共学)、開智中学校[中高一貫部](共学)で、これらの学校では高校においての募集はありません。14年4月開校の国際学院中学校、東京成徳大学深谷中学校も高校での募集なし。また東京農大第三高校附属中学校も現在は中学のみの募集(高校入学生は別クラスで、6年間混合なし)。
唯一の国立である埼玉大学教育学部附属中は併設高校はなく、中学の入試は2月1日。

公立中高一貫校の伊奈学園(共学)の入試は1月13日(日)に第一次選考、1月27日(日)に第二次選考を実施。さいたま市立浦和(共学)は1月12日(土)に第一次選考、1月19日(土)に第二次選考を実施。

また埼玉の私立中学では、入試を1月中に終える動きが出てきており、2月にも実施する学校は浦和明の星女子、大妻嵐山(女子校)、立教新座(男子校)、埼玉栄、栄東、昌平、獨協埼玉、本圧東高附属(以上共学)などで、全体では少なくなっています。

以下に私立中学(一部)の入試日を紹介しておきましょう(2013年度・帰国生入試除く)。なお入試日程は年度により移動することがあるので、必ず早めに確かめるようにしてください。またコース別に入試日を設定する場合もあるので、ご注意ください。

■男子校
城西川越 1月11日、17日、26日、2月5日
城北埼玉 1月12日、15日、19日
立教新座 1月25日、2月3日

■女子校
浦和明の星女子 1月14日、2月4日
大妻嵐山 1月10日午前午後、1月11日、12日、14日、24日、2月5日
淑徳与野 1月13日、2月4日

■共学
大宮開成 1月10日、12日、16日、2月4日
開智 1月11日、12日、15日、23日
春日部共栄 1月10日、13日、21日
栄東 1月10日、11日、16日、17日、2月3日
秀明  7月25日、11月25日(以上AO入試) 1月27日、2月10日
西武学園文理 1月10日、13日、18日、23日
東京農業大学第三高校附属 1月10日午後、11日、13日、24日
独協埼玉 1月12日、18日、2月2日午後
星野学園 1月10日、15日、18日
開智未来 1月10日午後、11日午後、12日午後、20日
国際学院 1月10日午前午後、11日午前午後、13日午後、24日、2月6日
東京成徳大学深谷中学校 1月10日午後、1月12日午前午後、1月26日、2月9日
武南中学校 1月10日午前午後、15日、24日、2月4日