小学校受験の準備期間にすべきこと

本を読む女の子
小学校受験では家庭でのしつけが重視されます。普段から意識しておきましょう

多くの家庭がおよそ幼稚園年中の11月から、私立小学校入試までの1年間かけて準備しています。

小学校受験では家庭でのしつけが重視されるため、年中以前から日常的に意識しておくことが大事です。「桜の花はいつ咲くのか?」「端午の節句の絵は?」といった、季節の草花の名称や開花する時期・年中行事などについて体験的に知っていることや、箸の持ち方、洋服の畳み方、凧の揚げ方等、日本の文化・生活習慣が身についていることも必要になります。

ただ、これらは小学校受験をしようがしなかろうが大切なこと。受験を一つの目標とすることで、かえって家庭で意識的にしつけることができ、また夫婦で話し合う機会も増えるし、家族のかかわりも深まります。受験の準備だからと硬く身構えるのではなく、日ごろから親子で楽しみながら季節や行事を学んだり、本の読み聞かせをしたりすることをおすすめします。そのうえで、入試のために具体的な受験準備に1年ほどかけるといいでしょう。

近年子どもに自然体験や生活体験の不足がみられます。土のグランドで走ったことがない、虫を見たことがない・触れない、掃除用具・調理器具など生活用具を知らない・使ったことがないなど。そこで学校側が入試の面接の場で、お子さまに自然・生活体験の有無を確認する質問することが増えています。こうした面の対策も身構えるのではなく、お友達と外遊びをしたり、親子で野山にハイキングやキャンプに出かけたり、動物園に行ったりと、楽しみながら体験するといいでしょう。

生活体験も同様に楽しみながら。掃除を手伝わせるだけでなく、用具を絵に描いてカードをつくり、ゲームにして遊びながら覚えさせたりする家庭もあります。

小学校受験の入試内容 >>

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。