積立投資の平均購入単価を平準化できる

ドル・コスト平均法で時間を味方に

ドル・コスト平均法で時間を味方に

投資の醍醐味は、安値で買い、高値で売る。これにつきます。でも安値がいつ、いくらなのか、高値はいつ、いくらなのかは、投資のプロでも振り返ってみないとわからないのです。

ましてや投資初心者は、安値と思いつつ、まだ安くなると思っているうちに価格が上昇して買い時を逃してしまう。高値と思いつつも、まだ高くなると思っているうちに売り時を逃してしまう。そんなことを繰り返しているうちに、投資機会を逃し、投資意欲をなくしてしまうものです。

そんな投資初心者におすすめなのが、積立投資です。どんな投資商品にも価格変動があります。日々価格が上下するなかで買い時や売り時を決断するのは、なかなか難しいこと。それを機械的に毎月決まった額で同じ銘柄を買い付けていき、価格変動リスクを抑える投資法が「積立投資」なのです。

価格が安いときは多く、価格が高いときには少なく買い付けるため、結果的に平均購入単価を抑えることができます。このときに使われるのが「ドル・コスト平均法」。積立が可能な投資商品には、投資信託、るいとう(株式累積投資)、純金(銀、プラチナ)積立、外貨MMFなどがあります。商品性は異なりますが、積立の考え方は、いずれも同じです。

どんな仕組みなのか、下の図表で見ていきましょう。

同じ投資信託を、以下の2つの方法で毎月買い付けたとします。
【定量購入】毎月10口と決まった数量を買い付ける→購入価格は毎月変わる
【定額購入】毎月1万円と決まった金額で買い付ける→購入口数は毎月変わる

※便宜上、買付にかかるコストは考慮していません

※便宜上、買付にかかるコストは考慮していません


投資信託は毎日基準価額が変動しますが、積立投資の場合は、証券会社や銀行などの販売会社が決めた日(たとえば毎月末など)に、指定された金額で買付を行います。

上の図表のように、1口あたりの基準価額が仮に1000円、800円、1100円……と変動していったとします。一定の口数を買い付けていく【定量購入】の場合は、最終的に60口を6万円で購入したことになり、1口あたりの平均購入価格は1000円です。

一方、【定額購入】の場合は、定量購入と同じ6万円の投資額で61口購入できています。1口あたりの平均購入価格は983円。つまり、定額購入のほうが、安く購入できた、ということになります。定額購入であれば、価格が下がったときに、がっかりするのではなく多く買えたととらえることができ、価格が上がったときには、少ししか買えませんから、高値づかみを避けることができたと考えればいのです。最終的な利益は、売却時の価格によりますが、少なくとも購入価格を平準化する効果が「ドル・コスト平均法」にはあるのです。