結婚前後で変わるお財布事情

結婚生活
結婚後の新しい生活。生活費は、独身時代と比べてどのように変化する?
結婚を考える時、一番に考えるのが結婚にかかるお金。結婚式や新婚旅行、新居にかかるお金など結婚するその時に必要なお金です。これらを入念に準備する人は多いようですが、実際の生活費まで考えている人は少ないよう。

お互いが1人暮らしをしていたカップルは「結婚をして一緒に住むほうがお金がかからずお得!」という意見もあります。実際に結婚をすると、お財布事情はどのように変わるのでしょうか?

1人暮らしから結婚後、消費支出は月5万円ダウン

勤労者世帯のうち、単身世帯男女(34歳まで)と2人以上世帯(25~34歳)の実収入と実支出の表。実支出のうち、非消費支出は税金や社会保険料などが含まれる。2人以上世帯の実収入には世帯主、配偶者の収入以外にも事業収入などがあるため、合計額とは異なるデータとなっている (出典:平成24年家計調査undefined総務省統計局)

勤労者世帯のうち、単身世帯男女(34歳まで)と2人以上世帯(25~34歳)の実収入と実支出の表。実支出のうち、非消費支出は税金や社会保険料などが含まれる。2人以上世帯の実収入には世帯主、配偶者の収入以外にも事業収入などがあるため、合計額とは異なるデータとなっている (出典:平成24年家計調査 総務省統計局)

上の表は、総務省が発表している家計調査(平成24年)のうち、勤労者世帯の単身世帯(34歳まで)の男女別と2人以上世帯(25~34歳)のデータから、実収入と実支出をピックアップしたものです。

収入をみてみましょう。1人世帯(単身者)の収入は、男性が約32万4000円、女性が約28万4000円となっています。また2人世帯になると約43万6000円で、そのうち配偶者の収入が約5万2000円となっています。この平均データの男女2人が結婚し、妻がパート勤めをしていると仮定できるデータとなっています。

支出を見てみましょう。消費支出というのは実際に使ったお金、非消費支出は税金や社会保険料など給与から天引きされているようなお金です。消費支出は、1人世帯では男性が約15万6000円、女性が約16万1000円。2人あわせると31万7000円ほどになります。これに対して、2人世帯では消費支出は約26万4000円。単純に考えると、結婚後は5万円ほど消費支出を減らすことができると予想できます。

本当に1人暮らしの2人が結婚したら、支出が月に5万円ダウンするのでしょうか? 次のページで支出を詳しくみてみましょう。