自動録画予約機能で選ぶ

キーワードや目的のジャンル、チャンネル、時間帯などから設定した番組を自動的に録画してくれるのが「自動録画予約機能」です。ただしすべてのレコーダーが搭載している機能ではないので要注意。

現在、もっとも強力な自動録画予約機能を持つのはソニー、三菱。それに続くのが東芝です。ソニーや三菱のレコーダーはユーザーの録画、再生操作を記録し、ユーザーの好みを学習して自動録画してくれます。さらに三菱のレコーダーは「安心型」と「発掘型」の2つの自動録画モードを持ち、安心型ではユーザーが見た連ドラを次回から勝手に自動録画してくれます。

また、シャープの最新機種はキーワード録画に対応しています。面白いところではパナソニックのDIGAは、ドラマとアニメの新番組だけを自動録画する「新番組おまかせ録画」を搭載しています。

忙しい時でも自動的に録画してくれるので、手間がかからず便利な機能ですが、ハードディスク容量の小さな機種では結局録り溜めができないなど、使いにくいという弱点もあります。

【ガイドおすすめ機種】
・ソニー BDZ-AT970T
BDZシリーズは、ユーザーの好みを学習するなど、もっとも強力な自動録画機能を搭載している。BDZ-AT970Tは1TBの大容量HDDを搭載し、トリプルチューナー搭載で大量な自動録画にも対応できるのが魅力です。



【関連サイト】
・シャープ AQUOSブルーレイ BD-W2000
・ソニー BDZ-AT750W
・ソニー BDZ-AT970T

ブルーレイ・DVDレコーダーの選び方、5つのポイント:3. 搭載チューナーで選ぶ>>


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。