イメージセンサが大きければレンズも大きくなる

このイメージセンサを活かすためのレンズも自ずと大きいものになってしまうのです。レンズなどの光学製品も大きくなればなるほど高価になるのが原則です。

エントリー向けのレンズキットとボディ単体の価格差が1万円程度であるのに比べ、フルサイズデジタル一眼カメラのそれは7万円以上といったところ。ボディだけでなくシステム全体が高額となりがちなのです。

これまで「デジタル用」として販売されてきたAPS-Cサイズに特化したレンズは、フルサイズイメージセンサを搭載したデジタル一眼カメラでは使うことができません。現状ではフルサイズデジタル一眼カメラは、かなりの予算を投入する必要があります。

また、どうしても本格的な撮影に耐えうるボディとなってしまうので、ボディが大きく、かつ重くなってしまいます。そのため、女性が簡単に取りまわせるフルサイズデジタル一眼カメラというのはちょっと難しいのです。軽めの単焦点レンズと組み合わせて、ちょっとした室内撮りであれば問題なくいけるとは思われるのですが……。

それでもフルサイズイメージセンサによるボケ味や、高画質はなかなかに捨てがたいものがあります。また筆者のように古くから撮影をしていた人間にとっては書かれている焦点距離のままレンズを使えるというのは大きな利点です。

システム全体としては30万円を優に超える予算投入が必要となります。しかし、フルサイズイメージセンサを搭載したデジタル一眼カメラは画質としてそれだけの見返りは間違いなくあるといえます。


画質優先で選ぶ、おすすめデジタル一眼カメラ

ニコン D800
D800はD700から一気に2400万画素ものアップとなる3630万画素という高画素にふられたモデルです。その解像度は圧倒的なものとなっています。 その分、手ぶれが分かりやすくなってしまうといったデメリットもありますが、解像度の代償としては軽微なものといえるほどです。


もう一機種のD800EはD800からローパスフィルターと呼ばれるパーツを取り除き、解像感を重視したやや特殊なモデルです。 一般的なユーザーであればD800でよいでしょう。解像感を重く見る風景などをメインにするのであればD800Eも考慮に入れるべきかもしれません。

また現在のところ、ハイアマチュア向けのフルサイズイメージセンサー搭載機としてD800の他にEOS 5D MarkIII、α900が存在しています。どちらを購入しても、「高い画質を求める」という意味であれば後悔のない機種となっています。




デジタル一眼カメラ選びのポイント:デジタル一眼カメラを動画機能で選ぶ



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。