アクセサリーは昼夜で変える

昼間
パールは便利ですが地味になり過ぎないように。

パールは便利ですが地味になり過ぎないように。

光物はつけないのが原則。パールやゴールド、シルバーのほか、トパーズ、トルコ石、ガーネットなど光りすぎないものがおすすめ。またコサージュなども無難。

■夕方から夜にかけて

宝石など光る素材でゴージャスなアクセサリーを。ただし主役よりも目立たない、派手過ぎないようにしましょう。一連のパールのネックレスは、弔事のイメージが強いので、できれば大粒のゴージャスなものや、ロングタイプのものと組み合わせて下さい。またコサージュをプラスするなど、華やかに見せる工夫をしてみてもよいでしょう。

サンダルとミュールはNGではないがマナーを守って

プレーンなパンプスが基本ですが、露出の少ないオープントウのパンプスでもOKです

プレーンなパンプスが基本ですが、露出の少ないオープントゥのパンプスでもOKです

プレーンなパンプスが基本です。ヒールがあって、先のあるものが無難ですが、ヒールはどうも苦手だという場合は、ローヒールでもエナメル素材やりぼん、光る石などの飾りのあるものを選ぶとよいでしょう。

時代と共に変わってきているドレスコード。ゲストハウスやレストランなど、列席者も友人が主体の披露宴の場合は、サンダルもミュールもNGとまでは言えなくなってきています。最近では素足の若い方もちらほらお見かけします。しかし格式のある場所での披露宴では、やはり素足は避けたほうが無難でしょう。

バッグは素材に気をつける

小ぶりのバッグで、かわいく!

小ぶりのバッグで、かわいく!

シルク製やガラスビーズ、スパンコールなど光物で華やかさを取り入れてみたり、また落ち着いた皮製のフォーマルバッグなどがよいでしょう。ブランド物も持つときは気をつけて下さい。ブランドだからといって、カジュアルな街歩き用のバッグでは礼装には合いません。また布製やビニールももちろんカジュアルすぎです。 

大きなバッグや紙袋はクロークに預け、会場にはパーティ用の小ぶりなものだけにします。最近ではあまり気にしなくなっていますが、殺生をイメージする毛皮や爬虫類はNGです。


画像提供:ムトウ On-line shop 「ファッション通販のRAPTY」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。