教育資金の貯蓄分を捻出するのに、「家計のどこを見直したらいいかわからない」という人に、少しでも参考になればと設けたコーナーです。今回はベビー服・子供服の節約法です。

かわいいわが子にはかわいいデザインのお洋服を着せたい。親子でブランドの“おそろ”(ペアルック)で出かけたい-―。よくわかります、その気持ち。ひょっとしたら、ブランドとは限りませんが、親子あるいはファミリーの“おそろ”は1度はみんなやっているかもしれませんね。それに、子供服選びってけっこう楽しいですよね~。

ところで、今回はそういう話題ではないのです。もちろん、家計にゆとりがあればがんがん消費して、景気向上に貢献していただけたらそれに越したことはありません。ですが、家計が厳しい人は、子供の将来の教育資金を捻出するために、そうしたベビー服・子供服の買い方を見直しましょう・・・というものです。すぐに体が成長して着られる期間も長くはないものなので、なおさらです。

ひょっとしたら、あなたが貯められないのは、ベビー服・子供服にお金をかけすぎる『ベビー服・子供服ビンボーさん』だからではない? 「No!」とはっきり答えた人以外は、節約策に目を通してくださいね。

ベビー服・子供服の節約


<節約その1>
ブランドよりもお値段にこだわる
 ⇒ 最近は無名ブランド・ノーブランドでも、ユニークなデザインの
   ものや、品質のいいものも増えているので・・・。

<節約その2>
ブランド服はバーゲン時にまとめ買い。
 ⇒ 「でもやっぱり、ブランドものを着せたい」という人は、
   バーゲン買いだけに絞るのも手。
   ボーナス時に一定の予算を決めて買うのも1つの方法です。

<節約その3>
フリマや、リサイクルショップ、あるいはネットオークションで安く買う。
 ⇒ どうせ来年は着られなくなってしまうし・・・と割り切れるなら、
   フリマや、リサイクルショップ、あるいはネットオークションで、
   中古の服を安く買うのも手。

<節約その4>
親戚・先輩ママからのお下がりをもらう
 ⇒ これは皆さんすでにやっているかも知れないですね。

<節約その5>
サイズが合わなくなったものは、フリマで売る。
 ⇒ フリマで買って、着終わったらフリマで売る・・・という
   ツワモノもいます。

<節約その6>
実家に行くときは、わざとよれよれの服を着せていく
 ⇒ そうすると、新しい服を買ってくれたりする。私も1度やりました。
   うちではわざとではなく、普段着で行かせたら全て新しい服を
   着て帰ってきました(恥)。

<節約その7>
今後、「もう1人」の予定があるアなら、色は両性ともおかしくはない色で。
 ⇒ 黄色やオレンジ、赤のTシャツやトレーナーなら、2人目が
   男の子でも女の子でも着られそう。

上記の節約アイデアに対するご意見や、「ほかにもこんな方法がある!」というアイデアまで、ぜひカキコミをお願いしますm(_ _)m カキコミはこちらです☆

★あなたの1票にご協力を!★

<関連リンク>
粉ミルク・紙おむつ代の節約
節約・やりくり上手になる
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。