子供の教育資金の準備法を再度整理してみましょう。

大学までを前提にした場合の、進路コース別に見てみましょう。中学からの教育資金の大まかなプランについて考えます。

<小学・中学・高校とも公立>
<高校から私立>
<中学校から私立>


小学・中学・高校とも公立

子供の将来の教育資金はどれくらい貯めておけばいい? 進路別にチェック
小学・中学・高校とも公立の予定であるなら、大学時代にかかる教育費を中心に貯めましょう。

大学が私立文系だった場合の貯蓄の目安額は、自宅通学で300万~500万円程度、下宿予定なら500万~700万円程度です。

貯蓄で不足する分は、奨学金などで補いましょう。
_______________________________________________________
小学・中学・高校とも公立

高校・大学時代にかかる教育費を中心に貯める

<目安額>
(あくまでも目安です。大学は私立文系の場合)
○自宅通学なら300万~500万円を貯蓄
○下宿予定なら500万~700万円を貯蓄
*不足分は奨学金などで埋める。
__________________________________________________________