変動金利のルールが生み出す怪現象


変動金利型を借入れするなら、金利が上昇した場合に起こり得ることをしっかり理解しておきましょう

変動金利型を借入れするなら、金利が上昇した場合に起こり得ることをしっかり理解しておきましょう

変動金利はその金利の低さからで人気の金利タイプになっています。しかし、変動金利型特有のルールを理解していないと思わぬリスクにさらされます。

一般的な変動金利型の特徴は、

1.金利は半年に1度見直される
2.返済額は5年間変わらない
3.返済額見直しの際、増えても1.25倍まで

というところにあります。返済額が5年間変わらないので、5年間は安心感があります。また、返済額がアップしても従来の1.25倍までというルールがあるため、大幅なアップはありません。しかし、金利は半年ごとに見直されるため、金利が上がると利息の支払い分が増え、元金が減るスピードが遅くなります。

そして、金利が大幅に上昇した場合には、利息分だけで返済額以上になってしまい、「未払い利息」が発生するリスクがあります。返済額が5年間増えない、その後増えても大幅には増えないということの引き換えに未払い利息のリスクがあるのです。

未払い利息が発生する仕組み