男の料理/男の料理関連情報

男のデザート?ニューヨーク・チーズケーキ

おいしいニューヨーク・チーズケーキの作り方・レシピをご紹介。あまり細かいことを気にせず、「混ぜて、焼くだけ」でも美味しく出来上がる。そんなNYチーズケーキは、初挑戦のデザートにもぴったりだ!

執筆者:杉村 昌宏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ガイドの料理本、好評発売中です!

ニューヨーク・チーズケーキ

「男の料理」で、お菓子・デザートというのもどうかと思うが、私自身、普段は結構デザートを作る。

とはいっても、家族で食べるために、ちゃちゃっと(我が家の)定番メニューを作っているだけなので、“いろいろなデザートに挑戦!”という感じではない。

最近よく作るのは、シフォンケーキ、クレームブリュレなど。
材料の分量や作り方などがシビアでなく、基本的には「混ぜて焼くだけ」といったシンプルなものというわけだ。

なんせ、休日の、朝やら夕方ちょっと空いた時間なんかに作るわけだから、あまり丁寧に時間をかけるものは向かないのだ。


と、この手のシンプルなデザートレシピは、普段あまりお菓子など作ることのない「男の料理人」が、初めて挑戦するのにも結構向いてることに気付いた。

あまり細かいことに気を使わずに、時間もかけずに、それでいて失敗もしにくく、結構みんなの評判もいい。 そんなデザートレシピであれば、「たまにはお菓子でも作ってみるか…」といった向きにはぴったりというわけだ。


今回は「ニューヨーク・チーズケーキ」を紹介したいと思う。
我が家でも、最近イチオシの簡単デザートだ。


■材料 (18cmケーキ型)

<クッキー生地>
・グラハムクラッカー 100g (ベーシックなタイプがおすすめ)
・無塩バター 50g

<チーズ生地>
・クリームチーズ 250g(フィラデルフィアのものであればちょうど1箱)
・サワークリーム 180ml(よく売られている90ml入りを2個。また200ml入りであれば200ml全部使っても構わない)
・生クリーム 200cc (1パック分。脂肪分40%以上だとコッテリした仕上がり。35%程度のもので十分)
・卵(L) 3個
・砂糖 90g (甘さは砂糖で調整。甘めが好きなら120gぐらいまでで調整可能)
・コーンスターチ 大さじ2
・レモン汁 レモン1個分
・バニラオイル

■必要な道具
今回のチーズケーキでは、18cm径のケーキ型が必要になる。 ケーキ型としては最も標準的なサイズなので、持ってなければ新たに購入しても損はない。
ケーキ型は、必ず底板が外れるタイプを用意しよう。最後にケーキを型から外すときに、底板が外れるタイプでないと絶対にキレイに抜けない。
あとは、大きめのボールと泡立て器があればよい。 濾し器が必要になるが、普通の金ザルで代用できる。


作り方は次のページへ

更新日:2002年08月21日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する